JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

知ってください - 動物の命を守るために -

JAVA ホーム > そのほかのこと

そのほかのこと

知ってください さまざまなかたちで苦しむ動物たちのこと

私たちの暮らしのかげで、さまざまな動物たちが人間から虐待を受け、苦しんだあげくに殺されています。
しかしその残酷な実態はほとんど知られていません。
犠牲になっている動物たちのその苦しみを、少しでも知ってください。
もし自分が同じ目にあったらと、想像してみてください。
そして、動物たちのために私たちができることを考えましょう。

 

服飾品や生活用品にされる動物たちのこと(畜産動物)

ダウン(羽毛)やフェザー(羽)

ガチョウやアヒルといった水鳥から採取する。フォアグラ、肉、卵用の鳥から採取する場合と、羽毛用に繁殖飼育して採る場合がある。採取方法には、マシンピック(殺した鳥から機械で採取)、ハンドピック(殺した鳥から人がむしる)、ライブハンドピック(生きたまま人がむしる)がある。ライブハンドピックにより採取したダウンが高級品とされる。

ウール(羊毛)

メリノ種のヒツジは、より多くの毛を採るため、しわの多い皮膚にしてたくさん毛を生やすよう品種改良されてきた。そのしわにハエが卵を産みつけウジが繁殖し、ヒツジを様々な病気にしてしまう。それを防ぐため、「ミュールシング」と呼ばれる、麻酔もせずにハサミでヒツジのおしりの肉をばっさり切り取るという残酷なことが行われている。 「ミュールシング」を施したウールの不使用を宣言する、H&Mやヒューゴボスといったグローバル企業も増えてはいる。

皮革製品

ウシ、カーフスキン(生後6か月以内の子牛)、ウマ、ヒツジ、ブタ、オーストリッチ(ダチョウ)などの食用動物から副産物として利用することが圧倒的に多い。 しかし、革を採るために繁殖される動物や捕まえられる野生動物もいる。パイソン(ヘビ)、クロコダイル、ペッカリーなど

ブラシや筆類

化粧ブラシにはヤギ、ウマ、リスなどの毛が、ヘアブラシにはブタ、イノシシの毛が使われる。   習字の筆や絵筆の多くにも、ウマ、ヒツジ、シカ、ブタ、タヌキ、イタチ、ネコ、ウサギ、リスといった動物の毛が使用される。

食料品にされる動物たちのこと(畜産動物)

肉牛

多くの場合、2歳前後まで狭い牛舎の中で飼育される。麻酔もなしに角を切られ、さらにオスは麻酔なしに去勢される。飼料や投薬により人工的に肉質をコントロールされ、出荷時には立っているのが困難なほど肥えさせられる。やっと外に出られた時には、と畜場に運ばれていく時である。

子牛

生後6カ月以内の子牛肉をヴィール、6〜9カ月の子牛肉をカーフと言い需要が高い。子牛は筋肉がつかないよう運動ができない狭い檻に入れられる。消費者に柔らかい肉を提供するためだ。また白い肉ほど好まれ高級品となるため、液状の母乳代替品で育てられ草や鉄分は与えてもらえず貧血状態にさせられる。鉄分を補おうとなめてしまう鉄柵も子牛には禁じられている。

肉豚

ブタはデリケートでストレスを感じやすい動物で、カニバリズム(共食い)を起こしやすい。巨大な畜産工場では、それを防ぐために子豚のうちに歯と尻尾を切り落とされる。

肉鶏(ブロイラー)

2ヶ月ほどの短い期間で成長するよう作られた大量飼育の食肉用鶏をブロイラーという。倉庫のような施設の中で超過密状態で飼育される。そのため、ニワトリたちは激しいストレスに苦しめられる。

乳牛

ウシは常に乳を出す動物なのではない。他の動物と同じで子育て中にしか乳は出ない。だから常に乳が出るように、人為的に妊娠させられているのだ。乳牛は、スタンチョンという留め具で首を固定されたり、チェーンで繋がれて飼われることが多く、自分の体の大きさほどのスペースで、立っているか寝そべるしかできない。5~8年間搾乳された後は食肉にされる。毎年生まれてくる子牛もオスであれば、肉牛用として市場に売られていく。

卵鶏(成鳥)

バタリーケージという羽を伸ばすこともできない狭いケージが、何段にも積み上げられた施設で飼育されるのが一般的(EUでは、動物福祉の観点から2012年1月全面禁止)。カニバリズム(共食い)の防止策としてヒナのうちに無麻酔で嘴が切り落とされる。ケージがワイヤーでできているため足がからまったり挟まって変形してしまうことが多いうえ、施設によっては仲間の死骸がいつまでも放置されているといったこともある。このような過酷な環境の中で1年間卵を産み続ける。通常でも照明によって昼を長く夜を短くして産卵率をあげさせられているのだが、卵を産まない換羽期に入ると、給餌給水を絶たれ、強制的に換羽させられ、強引に産卵させるという方法が採られる。卵を産むことができなくなった鶏は殺される。

卵鶏(ヒヨコ)

ヒヨコは生後3日目にオスメスの判別が行なわれる。卵を産まないオスは、ビニール袋に捨てられ窒息するか圧迫されて死んでいく。アメリカでは生きたままシュレッダーで粉砕していた孵化場の実態が暴露された。

フォアグラ(ガチョウやカモの肝臓)

金属パイプをガチョウの口に差し込み、食道に強制的に餌を流し込み、約一ヶ月でガチョウの正常な肝臓を通常の10倍ほどにまで肥大させる。つまり、ガチョウを人工的に脂肪肝にさせるのだ。ガチョウは殺され、取り出された病的な肝臓は「世界三大珍味」のひとつ、フォアグラとなって、グルメと呼ばれる人間の口に運ばれていく。

野生動物たちのこと

有害鳥獣とされる動物

全国各地で、人や農産物などに被害を与えたり、与えるおそれがある「有害鳥獣」とされ、多くの野生動物が殺処分されている。天然記念物であっても駆除されている動物もいる。野生動物が人里に現れる原因は、人間が自然破壊を続けた結果、動物たちが以前のように十分な餌の確保ができなくなってしまったことに他ならない。 クマ、シカ、カモシカ、イノシシ、サル、カラスなど

特定外来生物

人間によって海外から持ち込まれた生物のことを外来生物と言う。その中で在来の生物を補食したり、生態系に害を及ぼす可能性があると国が指定したのが「特定外来生物」である。指定された動物は根絶の事業の対象とされ、殺処分が推奨されてしまっている。 アライグマ、マングース、リス、ブラックバス、カミツキガメなど

絶滅危惧種

人間によって、生息地の自然が壊されたり、商業利用のために乱獲されたりといった理由で、たくさんの動植物が絶滅の危機にさらされている。すでに絶滅した種も多い。日本では絶滅危惧種にあげられている動植物は3430種に昇る(2012年8月環境省発表)。

利用される動物の一例

ゾウ→象牙/サイ→角(漢方・工芸品)/ウミガメ→ベッコウ/クマ→熊の胆/トラ→骨(漢方)・毛皮/ジャコウジカ→ムスク、など

海洋生物

日本ではイルカの追い込み漁が和歌山県と静岡県で行われ、年間約2万頭近くのイルカが殺されたり捕獲されている。群れごと狭い入り江などに追い込まれた後、次々と喉元を切られ、仲間の血の中で絶命していく。死体はクジラ肉と表示されて販売されたり、ペットの餌や肥料にされるとも言われている。水族館のイルカは、この猟から生け捕りにされたものがほとんどだ。また、サメは中華料理の高級食材であるフカヒレのために捕獲される。船上に引き上げられ、背ビレ、腹ビレ、尾ビレなどを切り取られ、生きたまま海に投げ込まれるという残虐な漁が行われている。

見世物にされる動物たちのこと

動物園、水族館、観光牧場、サーカスなど

人間は、動物を見たり触ったりするのが好きだ。しかし人が訪れるレジャー施設にいる動物たちは、好き好んでそこにいるではない。生まれ故郷から無理やり捉えられ、放り込まれたことも多い。そして、彼らの生態に合わない生活や無理な動きを伴う芸を強いられ、幸福を追求することができない。動物園で見られる同じ動作の繰り返す動物は、精神が病気になっているからに他ならない。

競走馬

レースに出馬しているのは、ほんの一握りの馬たち。金儲けをしたい人間が強い馬を生産しようと、毎年7千頭から1万頭を繁殖させる裏で、スターになれなかったたくさんの馬が不要とされ処分されている。一度は殺処分を免れ乗馬クラブや観光牧場に払い下げられたとしても、結局最後は馬肉となって人の口に入ったり、家畜の飼料となる運命だ。

闘犬、闘鶏、闘牛

同じ種の動物同士を戦わせ、賭けをすることもある。大怪我や死に至らしめる危険があるのは言うまでもない。

伝統という行事の犠牲になる動物たちのこと

文化、祭事、伝統行事という名目で、動物を痛めつけたり殺してしまう行事は、日本のみならず世界中で少なくありません。国際社会が、動物への虐待や搾取を悔い改めていく流れの中、伝統文化も変わっていく必要があるのです。

長野県諏訪大社の蛙狩(かわずがり)

毎年元旦に行われる五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する神事。実態は冬眠中のカエルを川底から数匹掘り出し、頭を矢で射抜いて串刺しにして、神前に供えるという虐殺行為である。

JAVA活動の詳細ページへ

三重県多度大社の上げ馬神事

豊作を占う神事として毎年行われている。人を乗せた馬が2m余りの急な絶壁を一気に駆け登る。臆病な動物である馬は通常このような急斜面を登ることはできない。数年前までは興奮剤を注射され、さらに大勢の人々から殴り蹴られしてようやく駆け上っていた。登りきれず転げ落ちたり、骨折する馬も少なくなかった。動物愛護団体の抗議により、壁の高さが低くされたり、薬物使用は中止されたが、この神事自体が虐待であることは間違いない。

スペインの闘牛

殺される牛は、人に敵意を持つように育てられる。そして闘牛場に引き出される時には、目にワセリンを塗りこんで混乱させられるのだ。大勢の人間が一頭をなぶり殺しにするという卑劣極まりない見世物だが、カタルーニャ自治州のバルセロナでは2012年1月から禁止に。

参考文献
  • 「地球動物園-豊かな暮らしに隠された悲しい事実と残酷秘話-」 平本メリエル著 自由国民社
  • 「いのちの食べかた」 森達也著 理論社
  • 「動物の権利」 ピーター・シンガー著 戸田清訳 岩波書店
  • 「-1冊でわかる-動物の権利」 デヴィッド・ドゥグラツィア著 戸田清訳 岩波書店
参考サイト

ページ上部へ戻る

SAVE RABBITS!: ウサギを救え! 化粧品の動物実験反対キャンペーン

たくさんのウサギやモルモットたちが、化粧品のために犠牲となっています。

もっと見る

動物実験についての内部告発をお待ちしています

企業や学術機関など密室で行われている動物実験の実態をご存じでしたら、ぜひ情報をお寄せください。告発者の方の秘密は厳守いたします。ぜひ勇気をもってご連絡を!