JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVA ホーム > 海外ニュース > <英国>命拾いした2羽の七面鳥-レオナとブライアン

お知らせ

<英国>命拾いした2羽の七面鳥-レオナとブライアン

2014年12月1日

話題づくりのために、インターネットで「生かしておく」か「調理する」かという下劣な投票に2羽の七面鳥の命が懸かっていた。この2羽の七面鳥を救ったのはオックスフォードのラジオ局JACK FMの視聴者である。ミュージシャンのブライアン・メイや歌手のレオナ・ルイスと、その他数千にのぼる心優しい人々が声をあげて「生かしておく」に投票して七面鳥の命を救った。2羽は、命の恩人の名前を取って“ブライアン”と“レオナ”と名付けられた。そして、米国の動物保護団体PETA (動物の倫理的扱いを求める人々)の手助けにより、レオナが支援しているエセックス州のホープ・アニマル サンクチュアリという素晴らしい保護施設に丁重に運ばれ、調理される心配のない平和な生活を送ることになった。

2羽の七面鳥2

2羽の七面鳥1

保護施設に無事に到着したレオナとブライアン

七面鳥は自然界では、木に登ったり、時速40キロもの速度で走ったりと、とても好奇心に溢れた探検家である。七面鳥は通常10年ぐらい生きるが、肉にされる場合は12~26か月ぐらいで処分されてしまう。

 PETA UK: Saved! Happy Christmas for Two Turkeys after Tasteless Radio Poll

ページ上部へ戻る