JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVA ホーム > 海外ニュース > <米国>シャーレの中で成長した脳は、倫理的で、より正確な薬物試験をも可能にする

お知らせ

<米国>シャーレの中で成長した脳は、倫理的で、より正確な薬物試験をも可能にする

2015年8月1日

オハイオ州立大学の科学者たちはこの度、シャーレの中でヒトの脳を成長させることに成功した。これはヒトの皮膚細胞を遺伝子操作したものである。

ヒトの皮膚細胞は、最初に人工多能性幹細胞に再プログラムされ、さらに神経組織に分化される。この方法は今まで動物を使って行ってきた薬物試験を、倫理的に、迅速に、そしてより正確にする可能性がある。また、神経変性疾患や外傷性脳損傷や心的外傷後ストレス障害などの脳疾患の遺伝子的、環境的要因に効果的な洞察を得られる可能性もある。そして、血液供給ポンプを加えることにより、脳卒中研究や新しい治療法の評価にもふさわしいものにもなり得るだろう。

PCRM: Brain Developed in Dish Will Enable Ethical, Accurate Drug Testing

ページ上部へ戻る