JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVA ホーム > 海外ニュース > <米国>妊娠した雌馬の苦悩

お知らせ

<米国>妊娠した雌馬の苦悩

2017年1月20日

<米国>妊娠した雌馬の苦悩

ファイザー社(本社米国)は未だに75年も前の方法で、子宮体癌、乳癌、心臓病、卒中などを引き起こすリスクがある更年期障害緩和の薬を製造している。1940年代初期にホルモン補充療法薬として承認されたプレマリンは、妊娠した雌馬の尿(PMU)から採取された結合型エストロゲン(CEE)から作られる。

PMUの採取は秋と冬に行われる。雌馬は、11ヶ月の妊娠期間のうちの6ヶ月間は、床がコンクリートの狭いタイストールと呼ばれる「つなぎ飼い畜舎」に閉じ込められ、馬房にくくりつけられたままである。尿を採取するため紐やホルスターで尿道口を覆う道具がはめ込まれ、ほとんど動くことができない。また、固い床に立ちっぱなしのため慢性の関節炎を患うことも多い。雌馬は毎年妊娠させられ、妊娠力が落ちると食肉にされるのである。子馬の多くも同じ運命に苦しむことになる。PMU採取の業界では、馬の福祉を確保するための監視はほとんどない。

2015年に行われた、AAVS(アメリカ動物実験反対協会)とFaunalytics(米国の非営利研究機関で、動物を守る人々に有益な情報を提供しサポートしている。)の調査では、医者は、子宮体癌の危険性を高めるCEEを含まないホルモン補充薬があることを患者に伝えるべきだと、86%の米国人が考えていることが明らかになった。それにもかかわらず、ファイザー社は、以前とは異なる販売活動をしたり、新しい薬品名をつけたり、主原料の表示をあいまいにしたりして、プレマリン系薬品を再び売り込んでいる。

PMU採取を行う会社の中には、透明性も動物を守る法律もない中国に移ったものもある。

PMU採取事業は需要に左右される。したがって、一般の人々や医療関係者が、PMU採取が残酷な方法で行われることや代替の薬品が利用できることを認識することが重要である。そして、このような残酷な行為に多くの消費者が反対の声をあげる時が、この旧態依然とした業界の命運が尽きる時なのである。

妊娠馬の悲劇

Jim Craner/Equine Adovocates

妊娠していたバーバラとフィオーナは2004年、カナダのマニトバ州のPMU牧場から助け出された。バーバラは馬のサンクチュアリー「Equine Advocates」で幸せに暮らしているが、フィオーナは、以前に受けた虐待による足の痛みや呼吸器障害のため何年も苦しんだ後、2015年に死亡した。

 

Pregnant Mares’ Urine(p16-17)
AV magazine 2016/Number 3 by The American Anti-Vivisection Society

ページ上部へ戻る