JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVA ホーム > 海外ニュース > <米国>小児科医研修における動物使用が廃止

お知らせ

<米国>小児科医研修における動物使用が廃止

2017年2月20日

<米国>小児科医研修プログラムにおける動物の使用が廃止される

PCRMの調べによると、米国にある198のすべての小児科医研修プログラムは、動物を使用せずにヒト(モデル)などを使用する教育方法のみを採用している。最後まで動物を使用していたワシントン大学も今や、生きたネコとフェレットの使用を廃止するに至ったのである。これは数年間に及ぶPCRMの職員、会員、医師、支持者などによる努力の結果である。
2016年10月14日、ワシントン大学小児科長のゲイリー・シルヴァーマン博士はPCRMの質問に対して書面で答えた。「私たちは動物の使用をやめ、ネコたちの“里親”を探している」。これまで医療実習生たちは、気管内挿管の訓練として、生きたネコとフェレットの喉に無理やり呼吸管を押し込むことを指導されていたのである。
一方カナダにある17の小児科専門医育成コースのうち、動物を使用しているのはラヴァル大学のみとなった。PCRMは、同大学の学長ドゥニ・ブリエール博士にこのニュースを書面で伝え、廃止を促した。

Animal Use Ends at All U.S. Pediatrics Training Programs(P13)
Good Medicine Winter 2017 Vol.XXVI, No.1by Physicians Committee for Responsible Medicine

ページ上部へ戻る