JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVA ホーム > 海外ニュース > <米カリフォルニア州>動物実験をした化粧品の輸入・販売を禁止する法案出される

お知らせ

<米カリフォルニア州>動物実験をした化粧品の輸入・販売を禁止する法案出される

2018年7月24日

カリフォルニア州議会に、動物実験をした化粧品の同州での販売を禁止する法案が上程された。この法案では、2020年1月以降に動物実験したものであることを知りつつ防臭剤、シャンプー等の衛生用品を含む化粧品を輸入・販売することが違反行為となる。違反した場合、最高500ドル、2度目からは1,000ドルの罰金が科せられることになる。
ヒトの皮膚組織、高度なコンピュータモデルなど動物を使わない代替法は、より安価かつ迅速な方法で、ヒトの反応をより正確に予測することも可能である。さらに企業はすでに安全性が確認されたデータがあり、入手可能な数十万の原料を使うこともできるのである。
動物実験に反対する医師・科学者の団体PCRM(責任ある医療のための医師委員会)のクリスティー・サリバン氏は「カリフォルニアで同法案が成立すれば、製造業者はこれまでのやり方を変え、アメリカ全土で動物実験をした化粧品の販売を止める方向に向かうことになり、人と動物の命に対する勝利となるであろう。」と述べている。

https://www.pcrm.org/media/news/california-legislation-would-prohibit-sale-of-animal-tested-cosmetics

ページ上部へ戻る