JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVA ホーム > 動物実験の廃止を求める > <米国> 粘り強さの勝利! 米国屈指の医療機関の研修医トレーニングから、動物を使った実習が消える

お知らせ

<米国> 粘り強さの勝利! 米国屈指の医療機関の研修医トレーニングから、動物を使った実習が消える

PCRM(責任ある医療の医師委員会)の長年の働きかけにより、米国屈指の救急医療研修医制度で知られるミネソタ州ミネアポリスにある医療センター「ヘネピン・ヘルスケア」(以下、ヘネピン)に対して、生きた動物の使用を止めさせることに成功した。

 2016年4月、PCRMはヘネピンと非公開による交渉を試み、続いて反ヘネピン・キャンペーンを公に開始。当時ヘネピンでは、救急医療研修医のトレーニングに、ヒツジとウサギを使っており、胸骨から心臓まで切り開くものや、頭蓋骨に穴をあけるものなど、ヒツジだけで20もの医療行為の実習が行われていた。そのような苦痛に耐えて生き延びた動物がいても、研修後には殺処分していた。

PCRMは、連邦裁判所に訴訟を起こし、街頭デモを行い、ミネアポリスの繁華街に広告掲示板を立て、2018年7月にはヘネピンへ抗議するとともに、ヘネピンの理事会に意見書を提出し、PCRMサポーターから集まった72,000筆以上の署名を届けた。同時に、広告掲載車5台で医療センターのあるキャンパスとミネアポリスの繁華街を終日走行し、ヘネピンの経営陣に対し、動物使用をやめるよう訴えた。

 PCRMが抗議し続けたことでついに変化が起き、ヘネピンの理事会が動物使用の見直しに着手し、その作業が2019年2月に終了した。米国とカナダにある救急医療研修機関267か所のうち、94パーセントに当たる252か所が、ヒトに関連したトレーニング方法だけを使用している。ヘネピン・ヘルスケアは、その仲間入りを果たすことになったのである。

“Victory! Hennepin Healthcare Program Ends Live Animal Use”

2019年2月22日付けPCRMメールニュース

ページ上部へ戻る