JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVAホーム > お知らせ > 海外ニュース

お知らせ

海外ニュース

<米オハイオ州>住民投票でパピーミルに歯止めを

2018年7月24日

CAPS

 

複数の動物福祉団体が連携して取り組んでいる「オハイオ州のパピーミル(子犬繁殖工場)を改善させる活動」では、住民による法律発案、投票によって州内のパピーミルの規制を求めている。オハイオ州は犬の繁殖に関し不適切な事業が行なわれている拠点として悪名高い。
2012年、商業目的での犬の繁殖業者に関する法律が成立し、規模の大きい繁殖業者(年間60頭以上の売買を行ない、1年で犬に少なくとも9頭の子犬を産ませている業者)は、免許を取得して調査を受けることが義務付けられた。しかし、実際には機能しておらず、パピーミルにいる数えきれないほどの犬たちは、積み上げられた不衛生で狭苦しいケージに入れられており、自由に歩きまわることもできず、孤独で過酷な生活を続けている。そして、その中の母犬たちは子犬を産むためだけに存在し、限界まで何度も出産させられているのだ。
この住民法案が通過すれば、大型ケージは積み上げが禁じられ、しっかりした床板の設置が必要になる。獣医による基本的なケア、運動エリアへの自由な行き来、適切な食事と飲み水、ほかの犬たちや人間との交流などが義務付けられる。さらにオハイオ州において年に15頭以上の犬を売買する繁殖業者すべてが、正当で人道的な基準を満たすことが要求されるのだ。オハイオ州で消費者に犬を販売するペットショップなどの商業取引業者もまた、こうした基準を満たす繁殖業者から買い付けを行なわなければならなくなる。

AWI Quarterly Winter 2017/Volume 66/Number 4
https://awionline.org/awi-quarterly/winter-2017/ohio-ballot-initiative-seeks-squelch-states-puppy-mills

<米カリフォルニア州>ペットショップで繁殖業者による動物の販売禁止

2018年7月24日

カリフォルニア州は、繁殖された販売用犬、猫、ウサギをペットショップで扱ってはならない最初の州となった。
2019年1月以降、カリフォルニア州のペットショップでは、シェルター、動物レスキュー団体、公的な動物管理機関から仕入れた動物以外の販売ができなくなる。ペットショップは、動物たちを適切に扱うことと、すべての動物たちの供給元の記録を開示することが求められることとなる。
今回成立したペット救助と里親などに関する法律(The Pet Rescue and Adoption Act)は、2017年5月の議会における賛成55対反対11という圧倒的票差により法案通過ののち、上院ではさらに首尾よくことが運んだ。9月の投票では38対0という満場一致により法案は通過したのだ。10月13日にはジェリー・ブラウン州知事が署名をした。法案作成者のオドネル議員は声を発せない動物たちを守るために協力した上院の同僚たちに感謝を述べた。この法律は、シェルターにいる動物たちに永遠の家庭を与え、繁殖工場で繁殖された動物の販路を断つことにより、繁殖自体を無くそうとするものである。

AWI Quarterly Winter 2017/Volume 66/Number 4
https://awionline.org/awi-quarterly/winter-2017/california-closes-pet-shop-doors-commercial-breeders

<米カリフォルニア州>動物実験をした化粧品の輸入・販売を禁止する法案出される

2018年7月24日

カリフォルニア州議会に、動物実験をした化粧品の同州での販売を禁止する法案が上程された。この法案では、2020年1月以降に動物実験したものであることを知りつつ防臭剤、シャンプー等の衛生用品を含む化粧品を輸入・販売することが違反行為となる。違反した場合、最高500ドル、2度目からは1,000ドルの罰金が科せられることになる。
ヒトの皮膚組織、高度なコンピュータモデルなど動物を使わない代替法は、より安価かつ迅速な方法で、ヒトの反応をより正確に予測することも可能である。さらに企業はすでに安全性が確認されたデータがあり、入手可能な数十万の原料を使うこともできるのである。
動物実験に反対する医師・科学者の団体PCRM(責任ある医療のための医師委員会)のクリスティー・サリバン氏は「カリフォルニアで同法案が成立すれば、製造業者はこれまでのやり方を変え、アメリカ全土で動物実験をした化粧品の販売を止める方向に向かうことになり、人と動物の命に対する勝利となるであろう。」と述べている。

https://www.pcrm.org/media/news/california-legislation-would-prohibit-sale-of-animal-tested-cosmetics

<米国>紫外線で鳥の飼育環境を改善

2018年7月24日

ニワトリをはじめとする鳥類はよく研究に利用される。ところが、飼育施設の多くは哺乳類用に造られており、紫外線光は備わっていない。哺乳類と違い、ほとんどの鳥は4色型色覚*で、可視光線と紫外線の両方の領域でものを見ることができる。だが、施設に紫外線光がなければ、鳥は本来持っているその視覚能力を充分に生かせない。
メリーランド大学のDr. レイチェル・L・デニスはAWIの助成金を受けて紫外線光(とりわけ紫外線A波)が、鳥の行動や心身の状態にとっていかに重要かを調査した。それによって分かった点は次のとおりである:

1. 軽いつつき合いは鳥にとって相手を知るための社会的行動である。紫外線を浴びて育った鳥は白色光のみで育った鳥よりもこの軽いつつき合いをよく行った。
2. 人間の接近に対する恐怖反応を減らすことは、実験に使用される鳥にとって重要である。調査の結果、紫外線を浴びた鳥は人間が接近した場合、紫外線を浴びなかった鳥に比べ人間から遠のく距離が短かった。
3. 鳥が小屋の寝床を餌と間違えて漁ることがよくある。特に七面鳥のヒナが餓死することが度々あるが、調べてみるとその腸は寝床のわらでいっぱいになっている。このことは、鳥が餌をよく識別できないことが原因と考えられる。紫外線を設置すると鳥は餌を識別しやすくなる。

「この調査は、紫外線光は野生の鳥にとって重要なように、飼育施設にいる鳥にとっても大事な役目を果たすものであることを示している。鳥収容施設を設置する場合、鳥の最善なる福祉維持を図るために紫外線光を取り入れることを配慮するべきである」とDr. デニスは述べている。

*色情報を伝えるために4つの独立したチャンネルを持つことをいう。

AWI Quarterly Summer 2017/Volume 66/Number 2
https://awionline.org/awi-quarterly/summer-2017/seeing-light-welfare-uv-environmental-enrichment-birds

<米国>農務省研究所での動物虐待が明らかに

2018年7月24日

米国の各研究機関に設置される動物実験委員会(IACUC)は、実験に際して動物福祉法の遵守がなされているか監視と報告を行う機関だが、米国農務省農業研究局(ARS)のIACUCが虚偽の報告をしていたことが明らかになった。
発端は、米国食肉動物研究センター(MARC)で日常的な虐待が発覚したからである。その後、動植物検疫所(APHIS)による調査で、MARCだけではなく複数の農務省の研究施設において動物福祉法が守られていない実態が明かになった。
APHISの報告によると、ミシガン州イーストランシングの鳥類疾患および腫瘍学研究所(Avian Disease and Oncology Laboratory)において、水を一切与えられなかった15羽のアヒルが脱水により死亡。ユタ州ローガンの有毒植物研究所(Poisonous Plant Research Laboratory)では、摂氏45度の部屋で、暑さと痛みと苦しみの末に死んだと思われるウズラのヒナ32羽を発見。モンタナ州マイルシティの牛の研究施設であるFort Keogでは、脱水により衰弱した子牛が死亡。アイオワ州エイムズ国立動物疾病センター(National Animal Disease Center)では、不適切な低温に設定された鶏舎で七面鳥のヒナが、栄養不良から脱水および疲労により死亡。これらいずれの研究施設のIACUCにおいても、動物の死亡が記録されておらず、管理に問題はなかったと明らかに虚偽の報告がされていた。
APHISは農務省の研究施設の査察を行うが、法的な執行権を持っていない。また、農業研究用の動物は、動物福祉法の最低限の保護対象から外されている。このような大きな抜け穴や、実際の監視が不十分であることを鑑みて、米国の動物保護団体AWIは、中身のある法の執行と適切な是正処置を可能にするよう、動物福祉法の改正がされるべきだと強く主張している。

AWI Quarterly Winter 2017/Volume66/Number4
https://awionline.org/awi-quarterly/winter-2017/awi-exposes-whitewashing-animal-abuse-usda-research-labs

<米国>動物から“ヒトの臓器”採取

2017年7月7日

動物から“ヒトの臓器”を採取する

カリフォルニア州サンディエゴ郊外にある生物医学系のSalk研究所は、動物の胚でヒトの細胞を成長させ、ヒトへの移植用臓器を採取する研究をしている。このような異なった遺伝情報を持つ細胞が混じっている状態はキメラと呼ばれており、この分野の研究は大きな議論を招いている。最近の研究では、200頭以上のブタに侵襲的外科手術を行ったが、1,000以上もの胚が十分に発生せず死んだ。研究者は、得られた胚の成長状態を評価すると、半分以上に成長の遅れが見られること、さらにキメラの中にヒトの細胞を同定することは稀であることも認めている。これについて科学者は、ヒトの妊娠期間(280日)がブタの妊娠期間(114日)の倍以上あることが、この理由であろうと述べている。
2015年、米国国立衛生研究所(NIH)は動物の胚にヒトの細胞を注入することを含む研究への出資停止を発表。科学の在り方、倫理的問題、動物福祉上の懸念を考慮する必要があると述べた。しかし、Salkのキメラ研究は民間から資金を得ており、NIHの方針は適用されず研究は続けられる。

ブタさん

AV Magazine 2017/Number 1
(American Anti-Vivisection Society)

<スペイン>イノシシの避妊ワクチン

2017年6月20日

<スペイン>イノシシの避妊ワクチン

スペイン・カタルーニャ州が、避妊ワクチンを用いたイノシシの頭数制限計画を試験的に開始した。州内4つの自治体で、2019年までに毎年100頭、合計300頭のイノシシが対象になる。スペインの動物保護団体のADDAが州に要求してきた、銃による虐殺に替わる倫理的な代替案だ。
このワクチンは副作用はなく、哺乳類の生殖機能に働きかける性腺刺激ホルモンに対する抗体をつくる作用を持ち、それによって性本能が減退する。低コストで、2~4年で効果が切れ、その後は生殖能力を回復できる。
今年100頭にこの避妊ワクチンを投与するが、その前に個体識別、生殖機能の状態の評価、データ、生体試料の採取を行う。実行する際、事前に麻酔をかけ、毛布で包んで寒さから保護している。さらにGPSで追跡するため、耳にセンサーを取り付け、最後にワクチンを注射。ワクチンを接種した個体は2019年まで追跡・管理を行い、その結果を見る。期待通りに行けば、イノシシの性本能が減退し、ひいては、増えすぎたイノシシの生殖活動が衰え、食べ物を探して人里に近づくことも減るだろう。
この計画は野生のイノシシでは初めての試みなので結果分析が待たれるが、米国のシカや英国の飼育されているイノシシでは成功している。

ADDA Defiende los Animales N.54 AÑO XXVI
(Asociación Defensa Derechos Animal)

 

<米国>小児科医研修における動物使用が廃止

2017年2月20日

<米国>小児科医研修プログラムにおける動物の使用が廃止される

PCRMの調べによると、米国にある198のすべての小児科医研修プログラムは、動物を使用せずにヒト(モデル)などを使用する教育方法のみを採用している。最後まで動物を使用していたワシントン大学も今や、生きたネコとフェレットの使用を廃止するに至ったのである。これは数年間に及ぶPCRMの職員、会員、医師、支持者などによる努力の結果である。
2016年10月14日、ワシントン大学小児科長のゲイリー・シルヴァーマン博士はPCRMの質問に対して書面で答えた。「私たちは動物の使用をやめ、ネコたちの“里親”を探している」。これまで医療実習生たちは、気管内挿管の訓練として、生きたネコとフェレットの喉に無理やり呼吸管を押し込むことを指導されていたのである。
一方カナダにある17の小児科専門医育成コースのうち、動物を使用しているのはラヴァル大学のみとなった。PCRMは、同大学の学長ドゥニ・ブリエール博士にこのニュースを書面で伝え、廃止を促した。

Animal Use Ends at All U.S. Pediatrics Training Programs(P13)
Good Medicine Winter 2017 Vol.XXVI, No.1by Physicians Committee for Responsible Medicine

<中国>バイオ病原体研究施設

2017年2月1日

<中国>中国で承認待ちのバイオ病原体研究施設

学術誌「Nature」2017年2月号によると、中国ではバイオセーフティーレベル4(BSL-4)に指定される研究施設が間もなく操業を開始する。バイオセーフティーレベルは1~4まであり、BSL-4はSARSやエボラ出血熱といった最も危険な病原体を扱う。中国では2025年までにBSL-4研究施設を5~7つ設立する予定であり、その中には霊長類を扱う施設も含まれている。既に研究に使うための何万頭もの霊長類を収容していることや、欧米諸国より規制が少ないことから、近年では海外のウイルス研究者などの、中国で動物実験を行うことへの関心が高まっている。
致死性のある病原体の迅速同定の研究は、動物の苦しみを伴う。中国は動物の福祉についての法律が緩い、もしくは存在しない国であるため、動物を扱うBSL-4研究施設を設置することに不安がある。米国にはBSL-4研究施設がいくつかあり、霊長類は動物福祉法により守られているが、BSL-4で行われる実験は非常に侵襲的である。

AV Magazine 2017/Number 1
(American Anti-Vivisection Society)

<クロアチア>45匹のチンチラ救出!

2017年1月31日

<クロアチア>45匹のチンチラが救出される!

クロアチアの動物保護団体アニマル フレンズ クロアチア (AFC)は、クロアチアのウサギと野ウサギのシェルターMrkvicaの協力を得て、45匹のチンチラを救助することに成功した。2017年1月1日にクロアチアでの毛皮農場廃止が実行された後、生産者がAFCの訴えに耳を傾け、チンチラをシェルターに移すことに合意した。45匹のチンチラはワイヤーのケージから自由になり、毛皮にされる恐怖からも解放されて、心優しい人々に引き取られることになった。
スロベニア、クロアチアを発端に、ボスニア・ヘルツェゴビナやセルビアでも、毛皮農場禁止法を制定するよう、動き始めている。

クロアチアのチンチラ

©Animal Friends Croatia

AnimaList No.148-149
(Animal Friends Croatia)

 

 

<米国>妊娠した雌馬の苦悩

2017年1月20日

<米国>妊娠した雌馬の苦悩

ファイザー社(本社米国)は未だに75年も前の方法で、子宮体癌、乳癌、心臓病、卒中などを引き起こすリスクがある更年期障害緩和の薬を製造している。1940年代初期にホルモン補充療法薬として承認されたプレマリンは、妊娠した雌馬の尿(PMU)から採取された結合型エストロゲン(CEE)から作られる。

PMUの採取は秋と冬に行われる。雌馬は、11ヶ月の妊娠期間のうちの6ヶ月間は、床がコンクリートの狭いタイストールと呼ばれる「つなぎ飼い畜舎」に閉じ込められ、馬房にくくりつけられたままである。尿を採取するため紐やホルスターで尿道口を覆う道具がはめ込まれ、ほとんど動くことができない。また、固い床に立ちっぱなしのため慢性の関節炎を患うことも多い。雌馬は毎年妊娠させられ、妊娠力が落ちると食肉にされるのである。子馬の多くも同じ運命に苦しむことになる。PMU採取の業界では、馬の福祉を確保するための監視はほとんどない。

2015年に行われた、AAVS(アメリカ動物実験反対協会)とFaunalytics(米国の非営利研究機関で、動物を守る人々に有益な情報を提供しサポートしている。)の調査では、医者は、子宮体癌の危険性を高めるCEEを含まないホルモン補充薬があることを患者に伝えるべきだと、86%の米国人が考えていることが明らかになった。それにもかかわらず、ファイザー社は、以前とは異なる販売活動をしたり、新しい薬品名をつけたり、主原料の表示をあいまいにしたりして、プレマリン系薬品を再び売り込んでいる。

PMU採取を行う会社の中には、透明性も動物を守る法律もない中国に移ったものもある。

PMU採取事業は需要に左右される。したがって、一般の人々や医療関係者が、PMU採取が残酷な方法で行われることや代替の薬品が利用できることを認識することが重要である。そして、このような残酷な行為に多くの消費者が反対の声をあげる時が、この旧態依然とした業界の命運が尽きる時なのである。

妊娠馬の悲劇

Jim Craner/Equine Adovocates

妊娠していたバーバラとフィオーナは2004年、カナダのマニトバ州のPMU牧場から助け出された。バーバラは馬のサンクチュアリー「Equine Advocates」で幸せに暮らしているが、フィオーナは、以前に受けた虐待による足の痛みや呼吸器障害のため何年も苦しんだ後、2015年に死亡した。

 

Pregnant Mares’ Urine(p16-17)
AV magazine 2016/Number 3 by The American Anti-Vivisection Society

<オランダ>動物実験の段階的廃止へ

2017年1月18日

<オランダ>動物実験の段階的廃止へ

2025年までにすべての動物実験を禁止することを最終目標に、霊長類の実験を段階的に無くしていくという議案が2016年12月、オランダの国会で承認された。動物実験に反対する国際団体IAAPEAは何年にもわたりこのための働きかけを行ってきた。オランダにおける動物実験反対の世論は高まっている。世界で初めて動物の権利擁護を明確に掲げて発足した政党「アニマルライツ党」が、政治において、NGOや民間からの多大な支持を得て影響力のある存在となってきている。

International Animal Action Magazine/Summer 2017
(International Association Against Painful Experiments on Animals)

<米国>リングリング・ブラザーズ・サーカス団 永久閉鎖 

2017年1月15日

<米国>特報:リングリング・ブラザーズ・サーカス団
永久に閉鎖される
動物たちにとっての大いなる勝利

リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス(以下、リングリング・ブラザーズ)の親会社であるフェルド・エンターテインメントCEOのケネス・フェルドは、「2017年5月7日をもって、ショーを止めることを決定した」と発表した。

虐待や虐待による死亡は後を絶たなかった

リングリング・ブラザーズは以前より動物の福祉に問題があり、ここ数年はそれによる非難を受けていた。
残虐なトレーニングを動物に行っており、ゾウを従わせるために先が鋭くとがった大型フックを使用するなどしていた。そのため、数頭の赤ちゃんゾウが死亡している。2004年には若いライオンがうだるほどの暑さの車両内に水もない状態で放置され、死亡した。サーカス会場の裏の駐車場に置かれた狭い檻に入れられていたトラたちは、頻繁に喧嘩をしていた。
また、銃によるひどい怪我をしたゾウをサーカスから引退させるよう要望があったにもかかわらず、再び無理やりそのゾウをショーに使用した。これらは虐待のほんの一例であることを示す証拠として、このサーカス団は、1993年以降、米国農務省から50件以上もの動物福祉の問題に関して注意を受けていた。

リングリングブラザーズサーカスのゾウ

Sam Haddock (courtesy of PETA)
リングリング・ブラザーズのゾウ管理センターで「訓練」を受けさせられている子ゾウ

ゾウのショーは中止へ

残酷なトレーニングへの反発が市民の間で高まったため、2015年、リングリング・ブラザーズは、ゾウのショーを段階的に中止すると発表し、2016年5月が最後のショーとなった。

本当の解放につながるのか?

しかし、まだ動物の今後の生活には不安がつきまとう。リングリング・ブラザーズから引退したゾウたちは、信頼のおける保護施設ではなく、このサーカス本部の繁殖目的や虐待が疑われる訓練プログラムのあるフロリダゾウ保護センターへ移送される予定になっている。やっとサーカスからゾウたちを自由にさせた市民は、この決定に異議を唱えている。

25年の経験を持つアニマルトレーナーのジェイ・プラットは「リングリング・ブラザーズはトラの心身のケアをせず、精神的虐待、さらに支配的立場と動物の恐怖心を巧みに利用し、トラを操っていた」と言っている。ゾウと同じようにトラもまた虐待によってコントロールされていたのである。

リングリング・ブラザーズサーカスのトラ

Jay Pratte リング場でのトラ

 
今のところは、とにかく動物たちはやっと休息を得ることができた。最後の幕が下りた後、何が彼らに起こるか不明なところもあるが、道路脇に設置された動物園やサーカスと似たような状況に置かれている、多くのとらわれた野生動物たちにとって大きな変化の先触れである。

 

BREKING:Ringling Bros. Circus Will Shut Down Forever

<クロアチア>2017年1月1日、毛皮用チンチラ農場禁止に

決定から10年
クロアチアの毛皮用チンチラ農場禁止法がようやく施行へ

クロアチア・チンチラ農場

JAVAも加盟している毛皮に反対する国際連盟FFA(Fur Free Alliance)のクロアチアのメンバー団体、アニマル・フレンズ・クロアチアから、2017年を迎えてすぐ、グッドニュースが届きました。

クロアチアでは、2006年に毛皮用のチンチラ農場の禁止が法律で決まりましたが、10年間の長期にわたる移行期間の末やっと、この2017年1月1日からその法律が施行されたのです!

FFA(Fur Free Alliance)の関連ページ(英語)

アニマル・フレンズ・クロアチアの関連ページ(英語)

<米国>サウスカロライナ大学 救急医療での動物の使用を廃止

2016年10月20日

<米国>サウスカロライナ大学
救急医療プログラムでの生きた動物の使用を廃止

2016年9月20日、サウスカロライナ州コロンビアにあるサウスカロライナ大学(USC)医学部は、生きた動物を使った救急医療プログラムを廃止したことを、米国の動物実験に反対する医師・科学者の団体PCRM(責任ある医療のための医師委員会)に伝えた。

USC医学部の救急医療訓練では、学生たちは生きたブタにメスを入れて喉や胸腔、静脈を切断して挿管する方法や、胸骨を切り開いて心臓の処置を行う方法を学び、その後実習の終盤に行われる気道処置訓練の前にブタたちは殺された。しかし今やUSCの学生たちは、医療シミュレータや実習用の遺体によって学べるのである。

PCRMの調べによると、米国における専門医療実習期間中の救急医療プログラムの89%(160あるうち142)が動物を使わない教育方法を採用している。その中には、今回更新されたUSCグリーンビル・プログラムや、デューク大学、サウスカロライナ医科大学、エモリ―大学でのプログラムが含まれる。

PCRMは、動物の使用をめぐってUSCを米国農務省東部地方動物保護局に告訴していたが、USCによる改善を受け告訴を取り下げることにしている。

 

Physicians Committee for Responsible Medicine:
University of South Carolina Emergency Medicine Program Ends Live Animal Use

1 / 512345

ページ上部へ戻る