JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

JAVA ホーム > あなたにできること > アクションをおこそう

あなたにできること

アクションをおこそう

実験に使われる動物のために

動物実験は医科学に限らず、「こんなものにも!」と思うような身近なもののために行われています。例えば食品添加物や日用品のために。また学校で行われている解剖も動物実験です。

  • 動物実験が行われていないか問い合わせてみよう
    化粧品や日用品、食品などをつくっている企業に「動物実験していますか?」と問い合わせてみましょう。
  • 学校の解剖実習を変えていこう
    DVDやモデルを使うことで十分な学習が行えます。動物を殺したくないという気持ちを先生や大人に伝えてみましょう。または私たちJAVAに相談してください。
  • 動物実験をしている研究機関や企業に声を届けよう
    「動物実験をしている製品は買いません」 市民として、消費者や株主として、意見や要望を伝えていきましょう。回答をもらうようにしてぜひ公開してください。
  • 動物実験をしていない製品やサービスを選ぼう
    消費者の力を発揮しましょう。選んで購入することが、動物実験のない社会を実現させるのです。
  • 動物を使わない研究(代替法)を支援しよう
    すでに国際的に採用されている代替法もありますが、日本では認知度も研究規模も普及もまだまだです。市民が関心を持つようにしましょう。

知ってください 動物実験のこと

犬や猫のために

  • 不妊去勢手術を徹底させよう
    自治体で殺処分される約半数が、生まれて間もない子犬子猫です。殺されるために生まれてくる命をつくらないために、不妊去勢手術を行いましょう。
  • 里親になろう
    ペットショップやブリーダーから購入するのではなく、自治体の譲渡システムなどを利用して、捨てられた犬猫を新しい家族に迎えてください。
  • 地域猫活動を広めよう
    家のない猫たちに対して、地域住民がマナーのある餌やりや不妊去勢手術をすることで、猫に対するトラブルを減らすことができます。
  • 虐待を防止しよう
    動物たちを遺棄したりみだりに殺すことは動物愛護法で禁止されています。この法律をもっと活用して、虐待を見た場合は警察や行政などに通報しましょう。

知ってください 犬や猫のこと

毛皮や服飾品にされる動物のために

  • 毛皮やダウンを買わない
    毛皮は、まだ息があるか殺したばかりの動物から剥がすものです。羊毛のように剃ったり刈ったりするものではありません。また、ダウンは水鳥から取られる羽毛ですが、生きたまま羽をむしりとるものもあります。欲しがる人がいるから殺される動物がいるのです。いくらキレイ、カワイイと思っても買わないでください。
  • わからない素材はお店に聞こう
    この飾りはウサギの毛なの?フェイクファーなの?このセーターはミュールシングされたウールなの?表示がなければ遠慮なくお店の人に聞いてみよう。
  • 毛皮を扱わないブランドを支持しよう
    毛皮に反対する動物保護団体の国際連盟FFAが、各国で毛皮を扱わないブランドを支援し情報を市民に流す「FUR FREE(毛皮を扱わない)ブランドプログラム」を展開しています。JAVAも参加しているプログラムです。公表されているブランドリストを活用しましょう。
    NO FUR 毛皮はいらない 「FUR FREEブランドプログラム」とは
  • 倫理的なウールを求めよう
    メリノウールは、毛をたくさんとれるよう品種改良されたヒツジから採ります。皮膚が多い品種にされたため、それがシワとなりそこにウジが寄生します。それを防ぐために、麻酔もなく尻の肉と皮を切り取られる「ミュールシング」という処置がされるのです。
  • ファッションを見直そう
    動物性素材の服飾品は、必ずその動物が犠牲になっていることを意識して、買い物しましょう。

知ってください 毛皮のこと

野生動物のために

  • 駆除される動物たちを守ろう
    クマ、シカ、イノシシ、サル、アライグマ、マングース、リス、カラスなど、毎年多くの野生動物たちが人間にとって迷惑という一方的な理由で殺されています。駆除を行う自治体や政府に「共存する政策をとってほしい」と訴えましょう。
  • 動物を使った製品、医薬品などを買わないようにしよう
    象牙、ベッコウ(ウミガメの甲羅)、毛皮、熊の胆、ムスク(ジャコウジカの臭いの分泌腺)、サイの角、フカヒレ(サメのヒレ)など、体の一部分のために殺され、絶滅の危機にある動物がたくさんいます。需要がなければ、彼らが殺されることはありません。

知ってください そのほかの動物たちのこと

食料品にされる動物のために

  • 畜産の実態を知ろう
    ウシやブタ、ニワトリ、ヤギ、ヒツジなど畜産動物たちの多くは、体の向きを変えることもできないような狭いところで、短い一生を過ごします。大量生産、大量消費から発展した工業畜産の実態を知ってください。
  • 食生活を見直そう
    肉や卵を食べる量や回数を減らしたり、平飼い卵(ニワトリ)や放牧飼育といった動物福祉に配慮した食品を選んだり、自分のできる範囲から始めてみては?実は世界中でベジタリアンやビーガン(完全菜食主義者)も増えています。

知ってください そのほかの動物たちのこと

見世物にされる動物のために

  • 動物園、水族館、観光牧場、サーカスには行かない
    動物を自然から引き離し、檻の中や狭い園内に一生閉じ込めたり、曲芸など無理な動きを強制的にさせたりしている施設に行くのはやめましょう。現在は、施設間の譲渡や交換が多くなったものの、1頭を捕獲するために何頭もが犠牲になってきた歴史があります。また、強いストレスから、同じ行動を繰り返したり自傷行為を行う動物も少なくありません。
  • 動物を娯楽に利用しないでほしいと訴えよう
    競馬は華やかなレースの影で、毎年1万頭もの馬が勝てない、適さないとして処分されていますが、その実態が語られることはほとんどありません。また、闘犬、闘鶏、闘牛など動物たちを戦わせて楽しむというものも娯楽として存在します。

知ってください そのほかの動物たちのこと

伝統という行事の犠牲になる動物のために

  • 動物を苦しめる行事はなくしてほしいと訴えよう
    「三重県多度大社の上げ馬神事」「スペインの闘牛」など、文化、祭事、伝統行事という名目で、動物を痛めつけたり殺してしまう行事は少なくありません。伝統であっても変わっていく必要があるのです。

知ってください そのほかの動物たちのこと

ページ上部へ戻る