JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVA ホーム > 動物愛護法 > <動物愛護法>環境省が「施行規則」と「引取りの措置」のパブコメ募集開始

お知らせ

<動物愛護法>環境省が「施行規則」と「引取りの措置」のパブコメ募集開始

2019年12月26日

環境省が「施行規則」と「引取りの措置」のパブコメ募集開始
ご意見を届けてください!

動物愛護法が改正されたことに伴い、12月16日、環境省が「施行規則(省令)」と「犬及び猫の引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置について(告示)」(以下、「引取りの措置」)の改正案に対するパブリックコメント(国民の意見)募集を開始しました(締め切りは2020年1月14日(火))。

環境省のパブコメ募集のページ
環境省の改正案「動物愛護管理法省令事項素案」

現行の「施行規則」
現行の「引取りの措置」

「施行規則」は、動物愛護法を運用する上での具体的な規則が定められたものです。
「引取りの措置」は、自治体が犬猫の引取り等の業務を行う上でどのように対応すべきかが記されているものです。

つまり、これらに盛り込まれる内容によって、たとえばペットショップなどの動物取扱業に課せられる責務が厳しくなったり、自治体が犬猫を引き取る際の判断や引き取った動物の収容状況、殺処分、新しい飼い主を探す業務などに影響を与える重要なものなのです。

しかし、環境省の改正案をご覧いただくとお分かりになると思いますが、環境省はほんの一部しか見直しをしようとしていません。それに対しJAVAは、法改正のたびに、関係する規則などの全体を見直し、より動物にとって良いものに変えていくべきだと考えています。

そのため、JAVAと愛護法改正の活動を協働で行っているアニマルライツセンター、PEACEは、「施行規則」と「引取りの措置」で改正が必要と思われるところを網羅した意見を環境省に提出しました。
JAVAが環境省に提出した意見は下記よりご覧いただけます。皆さんからご意見を出していただく際の参考にしていただけたらと思います。

<JAVAが環境省に提出した意見はこちら↓>

パブリックコメントの提出方法には決まりがありますので、環境省のホームページでご確認の上、提出してください。

締め切りは1月14日(火)です。

ご協力を宜しくお願いいたします。

ページ上部へ戻る