JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

JAVA ホーム > JAVAについて

JAVAについて

JAVAについて

JAVA(NPO法人動物実験の廃止を求める会)は、1986年に設立された非営利の市民団体です。
動物実験の廃止を求める運動を中心に、動物の権利擁護を訴え、世界各国の動物保護団体とも連携しながら、実践的な活動を展開しています。

「動物実験は残酷だけれど医学の進歩のためには必要だ」とよく言われます。しかし、動物実験は「非人道的である」という倫理的な批判に加え、「動物実験で得たデータの多くは人間にあてはまらない」など科学的な見地からも、その過ちが指摘されてきました。
人も動物も幸せになれる社会を考えたとき、動物実験が抱えているさまざまな問題がみえてきます。動物実験の廃止は単に動物のためだけでなく、人間の生命や生活を守るうえでも大切であると私たちは考えます。

団体概要

団体名 特定非営利活動法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)
所在地 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29番31号 清桜404
連絡先 TEL:03-5456-9311 FAX:03-5456-1011
javaあっとjava-animal.org (「あっと」を半角の「@」マークに変えてください)
設立年 1986年
代表 理事長 長谷川裕一

活動趣旨

  1. 動物実験の実態および倫理的・科学的過ちを広く知らせ、その廃止を訴える
  2. 動物を実験に用いることなく、その代替となる方法の確立を求める
  3. この地球上に生きているすべての生き物のいのちが、尊ばれ大切にされることを求める

会の主な活動

  • ICAPO(OECDプログラムにおける国際動物保護委員会)のアジア代表メンバーとして、OECD(経済協力開発機構)に参加し、「OECD毒性試験ガイドライン」などの改正を進めています。
  • 市民団体では唯一の日本動物実験代替法学会の賛助会員として、動物実験を止め「代替法」へ転換するよう、国や研究機関・大学などに働きかけています。
  • 動物実験を行っている化粧品会社に対して、動物実験の廃止を求めています。
  • 殺処分中心の動物行政に対して、「動物の命を生かす動物行政」への転換を求めています。
  • 捨てられる不幸な命をなくすため、犬猫の不妊去勢手術の普及啓発を行っています。
  • 毛皮反対の国際連盟Fur Free Allianceのメンバーとして、毛皮生産の実態を広め、その廃止を求めています。
  • 全国で起こる動物虐待問題を調査し、その解決に取り組んでいます。
  • パネル展やマスコミなどを通して、動物愛護意識向上ための普及啓発を行っています。
  • 海外の動物保護団体と協力して、協同キャンペーン、署名運動などを行っています。

JAVAの活動ページへリンク

活動年表(1991年~2015年)へリンク

協力・連携団体など

  • 日本動物実験代替法学会-賛助会員(1997年)
    http://www.asas.or.jp/jsaae/
  • ICAPO(OECDプログラムにおける国際動物保護委員会)およびICAPPP(医薬品プログラムにおける国際動物保護委員会)-構成団体(2002年)
    http://www.icapo.org/
  • ASCCT(The American Society for Cellular and Computational Toxicology/米国動物実験代替法による毒性学会)-会員(2011年)
    http://www.ascctox.org/index.cfm
  • 毛皮反対の国際連盟FFA(Fur Free Alliance) -構成団体(2009年)
    http://www.furfreealliance.com/

JAVAをご支援ください

JAVAの活動はすべて会費と寄付によって支えられています。JAVAの活動に賛同していただける方は、どなたでも入会できます。会員になられた方へは、動物問題に関する様々な情報や会報などをお届けします。
私たちと一緒に、動物の命を守る活動を進めていきましょう ! ご参加、ご協力をお待ちしています。
※JAVAは特定の企業・政党・宗教とは関係のないボランティアの市民団体です。

会員の種別

  • 一般会員: 6,000円/年
  • 賛助会員:12,000円/年
  • 学生会員: 3,000円/年
  • 法人会員:一口50,000円/年

※「賛助会員」は、一般会員よりさらに金銭的ご援助をいただくもので、その他に違いはありません。会員の種別は毎年変更可能です。

入会方法

入会に関する資料を請求される場合は、JAVA事務局までご連絡ください。すぐにご入会いただける場合は、必要事項を振替用紙にご記入いただくか別途ご連絡のうえ、下記の口座に直接ご入金ください。
ご入金後1週間程で、会員登録用紙と最新号の会報などをお送りします。

ご寄付

任意のご寄付もありがたくお受けしております。ご支援をお待ちしております。

会費・寄付の振込口座

  • 郵便振替:口座番号:00190-2-670517 加入者名:JAVA
    郵便局に備え付けの郵便振替の払込取扱票に「お名前、ご住所、電話番号」のほか、通信欄に「希望される会員の種別」を必ずご明記ください。
    ご寄付と一緒にお振り込みいただく場合は、その内訳もご記載ください。
  • ゆうちょ銀行:〇一九支店 当座0670517 口座名義:JAVA
    銀行をご利用の場合は、事前にJAVA事務局まで、お名前、ご住所、お電話番号、送金内容をご連絡のうえ、ご送金ください。

※振込だけですと、お名前のみ通知されるため、会員登録ができませんのでご注意ください。
寄付のみの場合は、お名前の前に「寄付」と入れていただくだけでも結構です。但し、その場合お礼状をお送りすることはできませんのでご了承ください。

広告基金へのご支援をお願いします

「広告基金」は、動物実験の実態を広く知らせるために、新聞などに意見広告を掲載するのを目的に開設した基金です。意見広告は、非常に反響があり、大変効果的ですが、掲載には多くの費用がかかります。皆様のご支援をお待ちしています。

広告基金によって掲載した意見広告 左:1998年 右:2009年

広告基金によって掲載した意見広告 左:1998年 右:2009年

広告基金専用振込口座

  • 郵便振替:口座番号:00150-6-663936 加入者名:広告基金
    郵便局に備え付けの郵便振替の払込取扱票に「お名前、ご住所、電話番号」をご明記してください。
  • ゆうちょ銀行:〇一九店 当座0663936 口座名義:広告基金(コウコクキキン)

※銀行からはお名前のみ通知されるため、お礼状をお送りすることはできませんのでご了承ください。

その他、JAVAの活動への参加やご支援については、ぜひ以下のページをご覧ください。
あなたにできること

 

ページ上部へ戻る