JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

JAVA ホーム > JAVAについて

JAVAについて

JAVAについて

JAVA(NPO法人動物実験の廃止を求める会)は、1986年に設立された非営利の市民団体です。
動物実験の廃止を求める運動を中心に、動物の権利擁護を訴え、世界各国の動物保護団体とも連携しながら、実践的な活動を展開しています。

「動物実験は残酷だけれど医学の進歩のためには必要だ」とよく言われます。しかし、動物実験は「非人道的である」という倫理的な批判に加え、「動物実験で得たデータの多くは人間にあてはまらない」など科学的な見地からも、その過ちが指摘されてきました。
人も動物も幸せになれる社会を考えたとき、動物実験が抱えているさまざまな問題がみえてきます。動物実験の廃止は単に動物のためだけでなく、人間の生命や生活を守るうえでも大切であると私たちは考えます。

団体概要

団体名 特定非営利活動法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)
所在地 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29番31号 清桜404
連絡先 TEL:03-5456-9311 FAX:03-5456-1011
javaあっとjava-animal.org (「あっと」を半角の「@」マークに変えてください)
設立年 1986年
代表 理事長 長谷川裕一

活動趣旨

  1. 動物実験の実態および倫理的・科学的過ちを広く知らせ、その廃止を訴える
  2. 動物を実験に用いることなく、その代替となる方法の確立を求める
  3. この地球上に生きているすべての生き物のいのちが、尊ばれ大切にされることを求める

会の主な活動

  • ICAPO(OECDプログラムにおける国際動物保護委員会)のアジア代表メンバーとして、OECD(経済協力開発機構)に参加し、「OECD毒性試験ガイドライン」などの改正を進めています。
  • 市民団体では唯一の日本動物実験代替法学会の賛助会員として、動物実験を止め「代替法」へ転換するよう、国や研究機関・大学などに働きかけています。
  • 動物実験を行っている化粧品会社に対して、動物実験の廃止を求めています。
  • 殺処分中心の動物行政に対して、「動物の命を生かす動物行政」への転換を求めています。
  • 捨てられる不幸な命をなくすため、犬猫の不妊去勢手術の普及啓発を行っています。
  • 毛皮反対の国際連盟Fur Free Allianceのメンバーとして、毛皮生産の実態を広め、その廃止を求めています。
  • 全国で起こる動物虐待問題を調査し、その解決に取り組んでいます。
  • パネル展やマスコミなどを通して、動物愛護意識向上ための普及啓発を行っています。
  • 海外の動物保護団体と協力して、協同キャンペーン、署名運動などを行っています。

JAVAの活動ページへリンク

活動年表(1991年~2015年)へリンク

協力・連携団体など

  • 日本動物実験代替法学会-賛助会員(1997年)
    http://www.asas.or.jp/jsaae/
  • ICAPO(OECDプログラムにおける国際動物保護委員会)およびICAPPP(医薬品プログラムにおける国際動物保護委員会)-構成団体(2002年)
    http://www.icapo.org/
  • ASCCT(The American Society for Cellular and Computational Toxicology/米国動物実験代替法による毒性学会)-会員(2011年)
    http://www.ascctox.org/index.cfm
  • 毛皮反対の国際連盟FFA(Fur Free Alliance) -構成団体(2009年)
    http://www.furfreealliance.com/

JAVAをご支援ください

JAVAの活動はすべて会費と寄付によって支えられています。JAVAの活動に賛同していただける方は、どなたでも入会できます。会員になられた方へは、動物問題に関する様々な情報や会報などをお届けします。
私たちと一緒に、動物の命を守る活動を進めていきましょう ! ご参加、ご協力をお待ちしています。
※JAVAは特定の企業・政党・宗教とは関係のないボランティアの市民団体です。

会員の種別

  • 一般会員: 6,000円/年
  • 賛助会員:12,000円/年
  • 学生会員: 3,000円/年
  • 法人会員:一口50,000円/年

※「賛助会員」は、一般会員よりさらに金銭的ご援助をいただくもので、その他に違いはありません。
※一般会員と賛助会員は、「総会での議決権」を持つことができます。変更は可能です。
※会員の種別は毎年変更可能です。
・「総会での議決権」とは、総会において役員の選任や予算決算・事業計画などを議決する権利のことです。

■会員になりますと…

・年3回情報誌をお届けします。
・希望者にメールニュースをお届けします。
・会の活動に参加することができます。
※活動義務などはありません。
※「総会での議決権あり」を選択した場合は、年1回開かれる総会に出席し、会の運営に関することを審議し決めていく権利と義務が生じます。出席できない場合は委任することができます。

ご入会方法

  1. 会費のご入金と会員登録を行ってください。
    以下の3つのご入金方法がありますので、ご利用しやすいものをお選びください。
    ・クレジットカード(VISA・MASTER)
    ・郵便振替
    ・銀行振込(ゆうちょ銀行)
    ※JAVAの口座番号が印刷された払込取扱票やリーフレットがご入用の場合は、JAVA事務局までご請求ください。
  2. 会員アンケートをご返送ください。
    ・ご入金後1週間程で、定款や会員アンケート、会報などをお送りします。
    会員登録にアンケートの内容を追加しますので、ご記入の上ぜひご返送をお願いいたします。

●クレジットカードをご利用される場合 (VISA・MASTER)

ご希望の会員種のお支払方法「1年分払い」「自動継続払い」のどちらかのボタンをクリックしてください。決済と登録画面に移行しますので、カード情報、お名前、ご住所、新規入会会費か継続会費か、など必要事項をご記入ください。
法人会員は、口数を選択していただいてから、「1年分払い」「自動継続払い」どちらかのボタンをクリックしてください。
■会員様の継続会費のお支払いもできますので、ぜひご利用ください

●年会費6,000円●







●年会費12,000円●







●年会費3,000円●








1口50,000円×


1口50,000円×

※自動継続をお選びいただいた場合、毎年最初にお支払した月の末日に決済となります。
※自動継続を中止される場合は、当会までご連絡ください。
※株式会社J-Paymentの電子決済サービスを使用しています。

●郵便振替をご利用される場合

口座番号:00190-2-670517
加入者名:JAVA
郵便局に備え付けの郵便振替の払込取扱票、または当会の口座番号等が印刷された払込取扱票に、「お名前、ご住所、電話番号」と通信欄に「希望される会員の種別」をご記入いただき、郵便局の窓口かATMにてお支払ください。
なお、重複して恐れ入りますが、会員情報は登録ページにてご入力ください。
ご寄付と一緒にお振り込みいただく場合は、内訳もご記載ください。

●銀行振込をご利用される場合

ゆうちょ銀行 〇一九支店 当座0670517
口座名義:JAVA
お振込の前か後に、登録フォームのページから「お名前、ご住所、電話番号」などをご入力ください。
※振込だけですと、お名前のみ通知されるため、会員登録ができませんのでご注意ください。

  ⇒会員情報(お名前・ご住所など)の登録フォームへ

ご寄付をお願いします

任意のご寄付もありがたくお受けしております。上記「郵便振替」「銀行振込」または、下記クレジットカード決済をご利用ください。
ご支援をお待ちしております。


●クレジットカードをご利用される場合 (VISA・MASTER・JCB・AMEX・Diners)


●ご寄付(1回)
金額を入力してください



●ご寄付(年1回定額自動)
年額 

 

広告基金へのご支援をお願いします

「広告基金」は、動物実験の実態を広く知らせるために、新聞などに意見広告を掲載するのを目的に開設した基金です。意見広告は、非常に反響があり、大変効果的ですが、掲載には多くの費用がかかります。皆様のご支援をお待ちしています。

広告基金によって掲載した意見広告 左:1998年 右:2009年

広告基金によって掲載した意見広告 左:1998年 右:2009年

 

●クレジットカードをご利用される場合 (VISA・MASTER・JCB・AMEX・Diners)


●広告基金へのご寄付(1回)
金額を入力してください



●郵便振替をご利用される場合
口座番号:00150-6-663936 加入者名:広告基金
郵便局に備え付けの郵便振替の払込取扱票に「お名前、ご住所、電話番号」をご明記してください。

●銀行振込をご利用される場合
ゆうちょ銀行 〇一九店 当座0663936 口座名義:広告基金(コウコクキキン)
※銀行からはお名前のみ通知されるため、お礼状をお送りすることはできませんのでご了承ください。

その他、JAVAの活動への参加やご支援については、ぜひ以下のページをご覧ください。
あなたにできること

 

ページ上部へ戻る