JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVA ホーム > さまざまな動物の命を守る > ボーダフォンも子犬プレゼント!

お知らせ

ボーダフォンも子犬プレゼント!

ボーダフォンも子犬プレゼント!JAVAの指摘で即、中止となる!!

12月中旬、「ボーダフォン藍住店が、テレビと一緒に子犬も景品にして、”契約を結んだ方にプレゼントする”といったクリスマス企画を行っている」との通報が寄せられました。
クリスマスまで時間がなく、JAVAは、直ちにボーダフォン藍住店に対して即時中止を求めましたが、「犬のプレゼントの何が悪いのか」といった全く問題点を理解していない対応ぶりでした。
動物を家族として迎え入れ、共に生活をしていくには、事前の準備や家族の合意はもちろん、将来にわたっての医療費など、経済的な負担の覚悟も必要です。そのため、里親探しの活動をしている市民団体等は終生愛情飼育をできる飼い主であるかを厳しくチェックして譲渡しているのです。譲渡前に講習の受講を義務づけている自治体もあります。
ところが、今回の企画のように、「貰えるなら飼おう」などと安易に考える飼い主に、その準備や心づもりができている可能性はほとんどなく、途中で飼育を放棄してしまう危険性さえあるのです。
JAVAは本社社長宛にも要望書を提出し、その中で「安易な飼育を助長する」等の問題点を強く指摘しました。後日、本社社長より「JAVAからの指摘を受け、すぐに藍住店に事実確認をし、企画を中止させた」との回答が送られてきました。
ここ2年、JAVAが取り組んだペットプレゼント問題だけでも、トヨタの販売店、不動産会社とペットショップなどなど、相次いでいることから見ても、まだまだ、動物を景品にするということに対し、日本は問題意識が低いと言えます。企業などの意識改革には、消費者である私たちの働きかけが不可欠です。ぜひ、愛護に反するイベント、企画等を見つけたら、中止を求めていきましょう!

(JAVA NEWS NO.75より)

ページ上部へ戻る