JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVA ホーム > さまざまな動物の命を守る > <中国>いったんは許可したトラやサイの部位の使用を不許可に

お知らせ

<中国>いったんは許可したトラやサイの部位の使用を不許可に

中国政府は、医療目的であれば、飼育したトラとサイの部位の使用を認める方針を発表したが、前言を取り消し、禁止措置が継続されることになった。
© MAX SANG

 2018年10月29日、中国国務院は、飼育されたトラやサイから採った骨や角を「医療研究および治療」目的で使用することを許可する方針を発表した。これは、25年間続いてきた禁止措置を覆すものである。動物愛護団体は直ちに、「そのような製品が再び合法的に取り扱えるとなれば、ブラックマーケットの売人に、合法を装った野生のサイやトラの部位取引をさせる絶好の機会を与えることになる」として強硬に反対した。

それから2週間後の11月12日、中国政府は前言を撤回した。国務院の丁学東・副秘書長は、国営メディアのインタビューの中で、「この指令の実施を保留し、医療目的によるトラとサイの骨や角の使用は、少なくとも現段階では、継続して禁止する」と述べた。

“China Allows-Then Disavows- Medicinal Use of Tiger, Rhino Parts”

AWI Quarterly Winter 2018/Volume 67/Number 4

ページ上部へ戻る