JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVAホーム > お知らせ > 海外ニュース

お知らせ

海外ニュース

<英国>イヌの実験、反対世論を横目に16%増加

2019年7月18日、英国内務省は2018年に国内で実施された動物実験数に関する統計を発表した。実験件数は、2017年の370万件から350万件強へと減少している。CFI*は、この減少を喜ばしいとしながらも、英国政府は、動物実験に対する国民の考え方が変化している事実を受け止め、動物実験に代わる手段を探求する努力を重ねるべきだと考えている。5月に発表された市場調査会社イプソス・モリの調査によれば、英国民の2/3(66%)が実験動物の現状を憂慮している。
今回発表された統計で、英国におけるイヌを使った実験が前年(2017年)比16%、サルでは8%増えていることが明らかになった。国民の86%がイヌを使った実験に反対し、サルを使った実験にも同様に86%が反対していることを考えると、実験が人間に有益であったとしても、この増加は驚きに値する。
国民の大半が、国内の動物実験数に強い関心を寄せている。動物実験は残酷であるばかりではなく、無益であることがますます明らかになっている。政府は、国民の声を聞き入れ、動物実験数を減らし、人道的で有効な代替法に置き換える努力をこれまで以上に徹底すべきだ。
CFIの科学・規制担当部長ケイティ・テイラー博士は、次のように語る。「犬好きな国英国でも、毎年、何千件というイヌの実験が行なわれている。イヌの実験が人間に役立っているとする科学的証拠はほとんどないのにも拘わらず。最近の調査で世論が動物実験の終焉を望んでいることが明らかになった以上、この実験数が増加したショッキングな事実を正当化することはできない。英国は率先してこうした実験を減らすべきである。もっと人道的で信頼性の高い、動物を使わない代替法へ移行し、実験室のイヌや他の動物を苦しみから救う支援を強化するよう政府に要請していく。」

内務省統計2018年版の主な数値は以下のとおり。
 2018年、352万件の実験が完結。そのうち約170万件(49%)が遺伝子操作された動物の「創造」と飼育に関連するもので、これらの動物はそれ以上実験に使用されなかったが、残りの180万件(51%)は利用された。
 2018年に完結した352万件の実験のうち、動物に苦痛を与えたケースは、中程度から激しいものまでを含め、18%(643,142件)もあった。
 イヌを使って完結した実験は、前年比で16%増(3,847件に対し2018年は4,481件)、サルの実験は8%増(2,960件に対し3,207件)、ウサギは8%増(10,362件に対し11,159件)。

 

※CFI :Cruelty Free International/動物実験の廃止を目指す英国の動物保護団体

Cruelty Free International ウェブサイト
UK dog experiments up by 16% despite public opposition

<ルーマニア>司法基準を無視し、羊7万頭をペルシャ湾へ輸出

2019年7月15日に開催された欧州の農業・漁業委員会で、生きた動物の輸送について議論され、アンドリュカイティス欧州委員会委員が提示した夏場の輸送を停止する案に過半数が賛成した。同委員は、オーストラリアが夏場の生きた動物の輸出を禁止したことを挙げ、「EUは遅れをとってはならない」とし、複数のEU加盟国が欧州委員会による昨年の要請を受け、生きた動物の長距離輸送を一時的に停止したことを歓迎した。ドイツ、オーストリア、スロヴァキア、スウェーデン、デンマーク、アイルランド、ルクセンブルグ、オランダ、ハンガリー、スロヴェニア、キプロスは、外気温が30℃を超えた場合、輸送を停止することに賛成しており、既に実行している国もある。しかし、ルーマニアは話し合いに一切応じず、法的拘束力のあるEUの「輸送中および関連作業中における動物の保護に関する2004年12月22日の規則 (EC) No 1/2005」ならびに欧州司法裁判所の決定(C-424/13)を無視し続けている。そして、アンドリュカイティス委員がルーマニア農業・地方開発相に、クウェート、カタール、アラブ首長国連邦への輸送中止を要請したにも拘わらず、ペルシャ湾へ7万頭の羊を輸送するための搬入作業を始めた。2018年に今回と同様に搬送された動物たちは、焼かれるような暑さに苦しみ、空気を求めて喘ぎ、糞にまみれ、横たわって休むことも餌や水を得ることもできなかった。高温多湿で熱中症になり、生きたまま調理されているような状態だったという。

Photo: ©Animals Australia

同委員は、「欧州委員会がこの件を調査しており、ルーマニアの規則違反に対し、法的措置を取る可能性を今回は排除できない」と述べた。アンドリュカイティス委員は、「動物にやさしくして人間が失うものは何もない。今こそ、より調和の取れた枠組みをいかに構築できるかを考える時である。我々は方策を導入し、今すぐより多くを実施する必要がある。全加盟国は、我々の価値観と動物の保護のために行動すべきだ」と呼びかけた。

また、ベルギーの動物保護団体Eurogroup for Animalsのディレクター、Reineke Hameleers氏は、「ルーマニアの農業・地方開発相は、この輸送がEU規則(EC)No 1/2005第3条に抵触する可能性があるとするアンドリュカイティス委員の言葉に聞く耳を持たなかった。この規則は、『負傷または不必要な苦痛を生む可能性のある方法で動物を輸送してはならない』としている」「EUの輸送に関する法律は、動物の福祉が目的地まで担保されない場合、輸送してはならないと定めている。我々は違反行為に対する訴訟を直ちに起こす必要がある」と述べている。

Eurogroup for Animalsウェブサイト
“AUSTRALIA HAS STOPPED LIVE TRANSPORT DURING HIGH TEMPERATURES. LET’S NOT LAG BEHIND” – COMMISSIONER ANDRIUKAITIS
IGNORING LEGALLY BINDING ANIMAL WELFARE STANDARDS, ROMANIA IS EXPORTING 70,000 SHEEP TO THE PERSIAN GULF

<米国>大手製薬会社、小動物の強制水泳テストを廃止

PETA*の要請を受け、製薬会社として世界トップ20位に入るアストラゼネカとノボノルディスクの両社が、マウスおよび他の小動物を使用した強制水泳テストを行わないことに同意した。また業界大手のロシュ製薬も同テストを止めると述べている。ジョンソン・アンド・ジョンソンとアッヴィは、既にこの残酷なテストを廃止し、このテストへの資金提供も行わないと決断している。
この実験は、水の入った脱出不可能な容器に小動物を落とし、出口を探して必死にもがく様子を観察するものである。動物は容器を登る、出口を求めて水中へ潜るなどを試みながら、ひたすら浮き上がろうともがく。この実験の目的は、ヒトのうつ状態の研究と言われているが、この分野の専門家らは、溺れないよう必死に手足を動かして水をかき続ける動物を観察して得られた結果の有効性を疑問視している。

PETAの脳神経学者エミリー・トランネル博士は、この実験を批判する論文を専門誌Brain Stimulationに発表した。ラットの強制水泳テストが、ヒトのうつ状態の研究に寄与するとした論文の著者に対し博士は、「動物の行動をどのように解釈すべきかという課題や行動テストの科学性を否定している」と指摘。さらに、「強制水泳テストのようなナンセンスな実験に動物を使用することは、ヒトに対する効果的な新しい治療法の開発と発展を妨げる、無視できない要因である」「科学者は、このような時代遅れの手法を捨て、ヒトに関連した研究方法に目を向けるべき」と主張し、「具体的には、患者の細胞を用いて患者に適した医薬品を開発する方法や、ヒトの心身に基づいたコンピュータモデルの活用などがある」と述べている。
PETAは、ブリストル・マイヤーズ、スクイブ、イーライリリー、ファイザーにも、業界に影響を及す優れたリーダーとして、強制水泳テストを廃止するよう働きかけている。

※PETA:People for the Ethical Treatment of Animals(動物の倫理的扱いを求める人々)/米国に本部を置く動物保護団体


PETAウェブサイト
Victory! Johnson & Johnson Bans Water Tank Test, Thanks to PETA
 Victory: Johnson & Johnson Ends Near-Drowning Tests on Animals
Victory! Top 10 Pharma Company Roche Bans Forced Swim Test
AstraZeneca and Novo Nordisk A/S Stick Up for Animals!

<米国> 粘り強さの勝利! 米国屈指の医療機関の研修医トレーニングから、動物を使った実習が消える

PCRM(責任ある医療の医師委員会)の長年の働きかけにより、米国屈指の救急医療研修医制度で知られるミネソタ州ミネアポリスにある医療センター「ヘネピン・ヘルスケア」(以下、ヘネピン)に対して、生きた動物の使用を止めさせることに成功した。

 2016年4月、PCRMはヘネピンと非公開による交渉を試み、続いて反ヘネピン・キャンペーンを公に開始。当時ヘネピンでは、救急医療研修医のトレーニングに、ヒツジとウサギを使っており、胸骨から心臓まで切り開くものや、頭蓋骨に穴をあけるものなど、ヒツジだけで20もの医療行為の実習が行われていた。そのような苦痛に耐えて生き延びた動物がいても、研修後には殺処分していた。

PCRMは、連邦裁判所に訴訟を起こし、街頭デモを行い、ミネアポリスの繁華街に広告掲示板を立て、2018年7月にはヘネピンへ抗議するとともに、ヘネピンの理事会に意見書を提出し、PCRMサポーターから集まった72,000筆以上の署名を届けた。同時に、広告掲載車5台で医療センターのあるキャンパスとミネアポリスの繁華街を終日走行し、ヘネピンの経営陣に対し、動物使用をやめるよう訴えた。

 PCRMが抗議し続けたことでついに変化が起き、ヘネピンの理事会が動物使用の見直しに着手し、その作業が2019年2月に終了した。米国とカナダにある救急医療研修機関267か所のうち、94パーセントに当たる252か所が、ヒトに関連したトレーニング方法だけを使用している。ヘネピン・ヘルスケアは、その仲間入りを果たすことになったのである。

“Victory! Hennepin Healthcare Program Ends Live Animal Use”

2019年2月22日付けPCRMメールニュース

<英国>3D生体機能チップにより疾病治療の開発が加速

ケンブリッジ大学の研究者らは、リアルタイムで継続的に細胞を観察することができる三次元の生体機能チップを開発した。この3D生体機能チップは、疾病の新たな治療方法の開発に使用できるとともに、研究で使用される実験動物を減らすことも可能にする。細胞はスキャフォールド(足場)内で培養された後に、細胞に必要な栄養分が流れるプラスチックのチューブの中に装置ごと入れられる。この装置により細胞が三次元的に成長できるため、体内で細胞が成長するさまをより正確に模倣できる。この論文の筆頭著者である Dr. Charalampos Pitsalidis は、「このシステムにより、組織の成長および外部からの薬品や毒素に対する反応を観察することができる。毒性試験のほかに、組織内の特定の疾患を誘発したり、疾患の主要なメカニズムを研究したり、有効な治療法を発見したりすることも可能である」と述べている。

Pitsalidis C, Ferro MP, Iandolo D, Tzounis L, Inal S, Owens RM. Transistor in a tube:
A route to three-dimensional bioelectronics. Sci Adv. 2018:4;eaat4253

“3D Organ-on-a Chip Could Accelerate Disease Treatment”
PCRM’s Good Medicine/Winter 2019/Volume XXVIII, Number 1

<米国>ニュージャージー州、サーカスにおける野生動物の使用を禁止へ

©ARTHUR T. LABAR

ニュージャージーの州議会は、移動興行で、野生動物およびエキゾチックアニマルの使用を禁止する法案、Nosey’s法(S1093)を通過させた。フィル・マーフィー知事がこの法案に署名すれば、ニュージャージー州は、エキゾチックアニマルの興行使用を法律で包括的に禁止する最初の州になる。法案名は、30年以上も巡回サーカスに自由を奪われていたゾウの名前から取ったものだ。この法律はゾウだけでなく、ラクダ、アザラシ、トラやライオンなどの大型ネコ科動物、サルなどの霊長類、その他多くの野生動物およびエキゾチックアニマルを守ることになる。

その他の州でも、これほど包括的ではないが、サーカスの動物に対する残虐な扱いを規制する法案を可決した。例えばニューヨークやイリノイは、巡回サーカスのショーでゾウを使うことを禁止し、ロードアイランドやカリフォルニアでは、ゾウに演技をさせるために使う「ゾウ突き棒」(JAVA注:金属のかぎ爪が付いている)の使用を禁止している。135以上の地方自治体もサーカスの動物虐待を禁止する法案を可決しており、他の自治体も同様の対策を検討中である。

“New Jersey Poised to Ban Wild Animal Circus Acts”

AWI Quarterly Winter 2018/Volume 67/Number 4

<サウジアラビア>王子の使命は中東ヴィーガン化

<サウジアラビア>王子の使命は中東をヴィーガン化すること

カレド・ビン・アルワリード(Khaled bin Alwaleed)王子は、リヤドにある46万平方フィートの宮殿で育った世界屈指の大富豪とされる王家の子息である。以前の彼は、肉を食べ、毛皮をまとい、ガチョウのダウン毛布で眠り、南アフリカにトロフィー・ハンティング旅行(趣味で野生動物をハンティングし、その記念として剥製、毛皮などを持ち帰る)にも出掛けていた。しかし今や、動物を殺戮した経験はぬぐえない記憶となり、自ら「卑劣な」所業と呼ぶ。罪の意識に苛まれた彼は、ヴィーガン(完全菜食主義者)として暮らすことに安らぎを見出すようになった。今では母国サウジアラビアはもちろん、周辺国の人々にも、自分と同じようにヴィーガンのすばらしさを体験してほしいと思っている。

「動物福祉、工場畜産、環境は、切り離せない問題です。貪欲さを捨てて、経済や人道の面から現実的に考えれば、解決方法が見つかるはずです」とカレド王子は言う。

“Saudi Prince on a Mission to Veganize the Middle East”

<英国>動物を使用しない医学研究所

<英国>動物を使用しない医学研究所

英国の動物代替センターARC (Animal Replacement Center of Excellence)は最先端の科学を駆使して、ヒトモデルを進化させ、現在のがん研究で使用されている動物の数を減らすことを目指している。ARCはロンドン大学クイーン・メアリーのブレイザー研究所と英国で動物を用いない研究に助成金を提供する助成機関AFR UK (Animal Free Research UK)が協力して運営している。

人の病気はヒトモデルで

ARCのMike Philpott教授のプロジェクトは、人の皮膚がん、頭頸部がんにおける動物からの置き換えや、ヒト細胞モデルを使うことに焦点を当てている。例えば皮膚がんについては、ヒトのがん組織、がん細胞株、または美容整形手術から寄贈された正常な皮膚細胞のいずれかを使用しており、そこから遺伝子発現を変えることによって皮膚がんのモデルを作成している。人の皮膚がんでは最も一般的である基底細胞がんを対象にしている。基底細胞がんを治療するために使用される薬物の多くは、マウスを用いて試験されてきた。しかし、基底細胞がんはマウスではなく人の皮膚の病気であるため、創薬試験のモデルとしては、マウスよりもヒト細胞モデルの方がはるかに優れている。

また、Adrian Biddle博士(AFR UKが代替法で資金提供している研究者)による研究では、人のがんとの適合性がより高い腫瘍の侵入、転移および治療抵抗性が異なる細胞亜集団に対する重要な試験を行うことができるイン・ビトロモデルを構築している。新鮮なヒト腫瘍標本をモデルに組み込む技術は、大きな進歩である。この研究は、口腔がんと乳がんの両方のヒト腫瘍標本を用いて行われている。

“HOW COSMETIC SURGERY CAN HELP US BEAT SKIN CANCER”

“THE ANIMAL REPLACEMENT CENTRE OF EXCELLENCE (THE ARC)”

(右から)Philpott教授と研究メンバーのDr. Rahman、Dr. Biddle 、Dr. Youssef
©Animal Free Research UK

<中国>いったんは許可したトラやサイの部位の使用を不許可に

中国政府は、医療目的であれば、飼育したトラとサイの部位の使用を認める方針を発表したが、前言を取り消し、禁止措置が継続されることになった。
© MAX SANG

 2018年10月29日、中国国務院は、飼育されたトラやサイから採った骨や角を「医療研究および治療」目的で使用することを許可する方針を発表した。これは、25年間続いてきた禁止措置を覆すものである。動物愛護団体は直ちに、「そのような製品が再び合法的に取り扱えるとなれば、ブラックマーケットの売人に、合法を装った野生のサイやトラの部位取引をさせる絶好の機会を与えることになる」として強硬に反対した。

それから2週間後の11月12日、中国政府は前言を撤回した。国務院の丁学東・副秘書長は、国営メディアのインタビューの中で、「この指令の実施を保留し、医療目的によるトラとサイの骨や角の使用は、少なくとも現段階では、継続して禁止する」と述べた。

“China Allows-Then Disavows- Medicinal Use of Tiger, Rhino Parts”

AWI Quarterly Winter 2018/Volume 67/Number 4

バーバリーが毛皮廃止を決定!

英国の高級ブランド「バーバリー(BURBERRY)」は長年、ウサギ・キツネ・ミンク・アジア産アライグマの毛皮を使用してきました。
2018年9月6日、今後、毛皮の使用をやめると発表。最新のコレクションには毛皮を使用していないとのこと。既存の毛皮製品は段階的になくしていくとしています。
また、アンゴラウールも廃止する、と発表しました。

ロサンゼルス市が毛皮製品の製造・販売禁止へ!

2018年9月18日、ロサンゼルス市議会において、毛皮(リアルファー)製品の製造および販売を禁止する条例案が全会一致で可決しました!
この条例案には、毛皮を使った衣料品やバッグ、靴、帽子などのアクセサリーの製造と販売禁止が盛り込まれています。
条例は、今後、議会の最終承認と市長の署名を経て、2020年1月発効予定です。
カリフォルニア州では、すでにウェストハリウッド市、バークレー市、サンフランシスコ市が毛皮製品の販売を禁止していて、ロサンゼルスは毛皮製品の販売を禁止する米国最大の都市になります。
今回のロサンゼルス市の決定は世界の各都市へ良い影響を与えることでしょう!

※9月25日現在の状況

<米オハイオ州>住民投票でパピーミルに歯止めを

2018年7月24日

CAPS

 

複数の動物福祉団体が連携して取り組んでいる「オハイオ州のパピーミル(子犬繁殖工場)を改善させる活動」では、住民による法律発案、投票によって州内のパピーミルの規制を求めている。オハイオ州は犬の繁殖に関し不適切な事業が行なわれている拠点として悪名高い。
2012年、商業目的での犬の繁殖業者に関する法律が成立し、規模の大きい繁殖業者(年間60頭以上の売買を行ない、1年で犬に少なくとも9頭の子犬を産ませている業者)は、免許を取得して調査を受けることが義務付けられた。しかし、実際には機能しておらず、パピーミルにいる数えきれないほどの犬たちは、積み上げられた不衛生で狭苦しいケージに入れられており、自由に歩きまわることもできず、孤独で過酷な生活を続けている。そして、その中の母犬たちは子犬を産むためだけに存在し、限界まで何度も出産させられているのだ。
この住民法案が通過すれば、大型ケージは積み上げが禁じられ、しっかりした床板の設置が必要になる。獣医による基本的なケア、運動エリアへの自由な行き来、適切な食事と飲み水、ほかの犬たちや人間との交流などが義務付けられる。さらにオハイオ州において年に15頭以上の犬を売買する繁殖業者すべてが、正当で人道的な基準を満たすことが要求されるのだ。オハイオ州で消費者に犬を販売するペットショップなどの商業取引業者もまた、こうした基準を満たす繁殖業者から買い付けを行なわなければならなくなる。

AWI Quarterly Winter 2017/Volume 66/Number 4
https://awionline.org/awi-quarterly/winter-2017/ohio-ballot-initiative-seeks-squelch-states-puppy-mills

<米カリフォルニア州>ペットショップで繁殖業者による動物の販売禁止

2018年7月24日

カリフォルニア州は、繁殖された販売用犬、猫、ウサギをペットショップで扱ってはならない最初の州となった。
2019年1月以降、カリフォルニア州のペットショップでは、シェルター、動物レスキュー団体、公的な動物管理機関から仕入れた動物以外の販売ができなくなる。ペットショップは、動物たちを適切に扱うことと、すべての動物たちの供給元の記録を開示することが求められることとなる。
今回成立したペット救助と里親などに関する法律(The Pet Rescue and Adoption Act)は、2017年5月の議会における賛成55対反対11という圧倒的票差により法案通過ののち、上院ではさらに首尾よくことが運んだ。9月の投票では38対0という満場一致により法案は通過したのだ。10月13日にはジェリー・ブラウン州知事が署名をした。法案作成者のオドネル議員は声を発せない動物たちを守るために協力した上院の同僚たちに感謝を述べた。この法律は、シェルターにいる動物たちに永遠の家庭を与え、繁殖工場で繁殖された動物の販路を断つことにより、繁殖自体を無くそうとするものである。

AWI Quarterly Winter 2017/Volume 66/Number 4
https://awionline.org/awi-quarterly/winter-2017/california-closes-pet-shop-doors-commercial-breeders

<米カリフォルニア州>動物実験をした化粧品の輸入・販売を禁止する法案出される

2018年7月24日

カリフォルニア州議会に、動物実験をした化粧品の同州での販売を禁止する法案が上程された。この法案では、2020年1月以降に動物実験したものであることを知りつつ防臭剤、シャンプー等の衛生用品を含む化粧品を輸入・販売することが違反行為となる。違反した場合、最高500ドル、2度目からは1,000ドルの罰金が科せられることになる。
ヒトの皮膚組織、高度なコンピュータモデルなど動物を使わない代替法は、より安価かつ迅速な方法で、ヒトの反応をより正確に予測することも可能である。さらに企業はすでに安全性が確認されたデータがあり、入手可能な数十万の原料を使うこともできるのである。
動物実験に反対する医師・科学者の団体PCRM(責任ある医療のための医師委員会)のクリスティー・サリバン氏は「カリフォルニアで同法案が成立すれば、製造業者はこれまでのやり方を変え、アメリカ全土で動物実験をした化粧品の販売を止める方向に向かうことになり、人と動物の命に対する勝利となるであろう。」と述べている。

https://www.pcrm.org/media/news/california-legislation-would-prohibit-sale-of-animal-tested-cosmetics

<米国>紫外線で鳥の飼育環境を改善

2018年7月24日

ニワトリをはじめとする鳥類はよく研究に利用される。ところが、飼育施設の多くは哺乳類用に造られており、紫外線光は備わっていない。哺乳類と違い、ほとんどの鳥は4色型色覚*で、可視光線と紫外線の両方の領域でものを見ることができる。だが、施設に紫外線光がなければ、鳥は本来持っているその視覚能力を充分に生かせない。
メリーランド大学のDr. レイチェル・L・デニスはAWIの助成金を受けて紫外線光(とりわけ紫外線A波)が、鳥の行動や心身の状態にとっていかに重要かを調査した。それによって分かった点は次のとおりである:

1. 軽いつつき合いは鳥にとって相手を知るための社会的行動である。紫外線を浴びて育った鳥は白色光のみで育った鳥よりもこの軽いつつき合いをよく行った。
2. 人間の接近に対する恐怖反応を減らすことは、実験に使用される鳥にとって重要である。調査の結果、紫外線を浴びた鳥は人間が接近した場合、紫外線を浴びなかった鳥に比べ人間から遠のく距離が短かった。
3. 鳥が小屋の寝床を餌と間違えて漁ることがよくある。特に七面鳥のヒナが餓死することが度々あるが、調べてみるとその腸は寝床のわらでいっぱいになっている。このことは、鳥が餌をよく識別できないことが原因と考えられる。紫外線を設置すると鳥は餌を識別しやすくなる。

「この調査は、紫外線光は野生の鳥にとって重要なように、飼育施設にいる鳥にとっても大事な役目を果たすものであることを示している。鳥収容施設を設置する場合、鳥の最善なる福祉維持を図るために紫外線光を取り入れることを配慮するべきである」とDr. デニスは述べている。

*色情報を伝えるために4つの独立したチャンネルを持つことをいう。

AWI Quarterly Summer 2017/Volume 66/Number 2
https://awionline.org/awi-quarterly/summer-2017/seeing-light-welfare-uv-environmental-enrichment-birds

ページ上部へ戻る