JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

JAVA ホーム > さまざまな動物を守る > 【動物愛護法改正】夜間展示禁止についてパブコメ募集

【動物愛護法改正】夜間展示禁止についてパブコメ募集

【動物愛護法改正】

環境省が「夜間展示禁止の経過措置」についてパブコメ募集
皆さまのご意見を届けてください!

現在、国会で改正の作業が進められている動物愛護法ですが、下記のとおり、環境省が「夜間展示禁止の経過措置」についてパブリックコメントを募集しています。

************************************************************************

 環境省のホームページより転載

平成24年4月23日
動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等の概要について、平成24年4月23日(月)から平成24年5月7日(月)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。

平成24年1月20日に公布された「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令(平成24年環境省令第1号)」等において、本年6月1日より販売業者、貸出業者及び展示業者が夜間(午後8時から午前8時までの間)に、犬又はねこの展示を行うこと等を禁止することとしたところです。
今般、本規制のうち、ねこが自由に移動できる状態で行う成猫の展示について一定の経過措置規定を置くことを検討しています。
本件について広く国民の皆様のご意見をお聞きするため、別添の意見募集要領のとおり郵送、ファクシミリ及び電子メールにより、平成24年4月23日(月)から平成24年5月7日(月)までの間、パブリックコメントを行います。

************************************************************************

この経過措置が認められると、いわゆる「猫カフェ」は、最低今後2年間は22時までの営業ができることになってしまいます。
JAVAは環境省に、この経過措置に反対する意見を提出しました。

※JAVAの意見→ 「夜間展示禁止の経過措置規定」に関する意見(PDFファイル)

意見提出には提出方法や様式が決められております。
皆さまからの貴重なご意見が無駄にならないように、環境省のホームページの内容(上記)をご覧いただいて、決まった方法や様式に則ってご意見を提出してください(今回のパブコメは募集期間が短く、締め切りは5/7です)。

動物愛護法が本当に動物のためになる法律になるよう、ぜひ、動物を思う皆さまからもご意見を届けてください。

2012年6月結果掲載

猫カフェの22時までの営業が認められてしまいました
環境省が募集していた下記の「夜間展示禁止の経過措置」についてのパブリックコメントには、全部で1716件の意見が出され、経過措置に反対する意見がJAVAを含め、1218件もありました。ですが、環境省は、この経過措置をとることに決定してしまいました。
これで、いわゆる「猫カフェ」は、他の動物取扱業者の20時までとは別に、今後2年間は22時までの営業ができることになってしまいました。

パブコメの結果は環境省のホームページに掲載されています。
パブリックコメントの集計結果(PDFファイル)

TOP