JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

JAVA ホーム > 海外ニュース > <米国>連邦クラッシュビデオ禁止法

<米国>連邦クラッシュビデオ禁止法

2014年5月23日

米国連邦最高裁判所において1999年に「動物虐待フィルム禁止法」 が廃止された後、2010年、「連邦クラッシュビデオ(動物虐待を描写したビデオ)禁止法」が可決された。その法律が初めて適用され、テキサス州南部の法廷代理人は、ヒューストンのアシュレイ・ニコル・リチャーズとブレント・ジャスティスを「動物虐待フィルムの製作と配信を行った」容疑で告訴した。

リチャーズとジャスティスは、5つの連邦動物虐待罪と2つの連邦わいせつ罪に科せられた。これは、動物虐待の罪で重罪逮捕された時に押収された20本以上のビデオの中の8本に対するものであった。申し立てによると、リチャーズは数年の間に数百匹の動物を殺害したことを認めている。この裁判が進むにつれ、州の行政官は、その内容があまりにも残酷過ぎるものであったために裁判資料を読むのを中断してしまった。
この被告2人には、それぞれの動物虐待罪に対して最長7年、またそれぞれのわいせつ罪に対して最長5年の連邦刑務所への服役刑が科せられ、さらにそれぞれの罪状に対して25万ドルの罰金が科せられた。

「Huston Pair Charged Under Anti-Crush Video Law」
AWI Quarterly Winter 2013 vol.62 No.1 by The Animal Welfare Instituteより

(翻訳:JAVA翻訳チーム)

TOP