JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

知ってください - 動物の命を守るために -

JAVA ホーム > 2018年動物愛護法改正に向けて > 3/6動物愛護法改正 緊急院内集会

先進国にふさわしい動物愛護(福祉)法を目指す
~すべての動物を守れる法律を~
動物愛護法改正緊急院内集会 開催報告

改正の審議も佳境を迎えた3月6日(火)、ロビー活動や請願署名などの活動を協働して行っている認定NPO法人アニマルライツセンター、PEACE 命の搾取ではなく尊厳を、JAVAの3団体共催で、国会議員の皆様へ私たちの求める改正をアピールし、よりご理解いただくため、衆議院第二議員会館で集会を開催しました。

メーンテーマは「実験」、「畜産」、「展示」動物

法改正の審議において、犬猫などの家庭動物については多くの議論がなされてきましたが、残念ながら、実験動物、産業動物、展示動物についての議論はほとんどなされていません。他の先進国と同様に、日本の法律も、犬猫だけでなく実験動物や畜産動物なども含めた、すべての動物を守れる動物「福祉」法として実効性を持たせるために、この集会では、この3分野からオピニオンリーダーをお招きし、改正の必要性を訴えることにしました。

議員本人の参加は23名!

森友学園問題で国会が大荒れとなり、参加人数に不安を感じていましたが、超党派23名の国会議員の皆様と、代理出席の秘書の方20名が参加くださいました。そして、一般参加の皆様は立ち見が出るほどで、多くの方々が高い関心を持ってくださっていることがわかりました。

参加議員一覧<敬称略、五十音順>  ( )内は所属政党・会派

【衆議院議員】
青山大人(希望)、石﨑徹(自民)、生方幸夫(立憲)、大西宏幸(自民)、木村弥生(自民)、源馬謙太郎(希望)、小宮山泰子(希望)、重徳和彦(無所属)、杉本和己(維新)、高井崇志(立憲)、田畑裕明(自民)、古川元久(希望)、堀越啓仁(立憲)、松田功(立憲)、松原仁(希望)、松本剛明(自民)、務台俊介(自民)

【参議院議員】
糸数慶子(沖縄の風)、江島潔(自民)、小川勝也(民進)、平山佐知子(国民の声)、藤田幸久(民進)、牧山ひろえ(民進)

 

これまでの議論の報告<家庭動物>
公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長
杉本 彩

超党派の「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」のアドバイザーも務める杉本彩氏からは、これまで同議連で議論されてきた内容のうち、ペットショップ、オークション市場、流通過程の犠牲、8週齢規制、動物取扱業者の取締り強化、動物繁殖業者、移動販売・インターネット販売等ついて、実際に起こっている問題事例を交えながらご説明いただきました。

★発表スライド(杉本彩氏)★

実験動物
日本動物実験代替法学会の活動と展望
日本動物実験代替法学会会長/東京大学大学院工学系研究科教授
酒井 康行

JAVAも賛助会員となっている日本動物実験代替法学会の会長である酒井康行氏からは、まず、同学会の歴史や活動について紹介がありました。そして、学会としても動物愛護法改正に際して、代替法の推進の強化(3R の義務化)を関連省庁に要望しているとの報告もありました。
そのほか、化粧品、一般化学物質、食品・医薬品など様々な分野で代替法の導入や3Rの推進がなされていて、代替法への転換が難しいとされる全身が絡む毒性、長期にわたる毒性についても、臓器チップのプロジェクトや、ビックデータとAIを活用したプロジェクトも進んでいるとの説明がありました。また、動物を守りたいという社会的要請と科学的要請のトレンドを一つにすることが代替法を進めることになり、そのなかで動物福祉団体との協調も求められていると話されました。

★発表スライド(酒井康行氏)★

畜産動物
畜産動物の福祉を考える
東北大学名誉教授/帝京科学大学アニマルサイエンス学科教授
佐藤 衆介

動物行動学をベースにした畜産動物福祉の日本の第一人者である佐藤衆介氏は、牛、豚、鶏も犬猫と同様に仲間を強く意識し、賢い動物であるということ、畜産動物の福祉改善が、生産性を改善、食の安全につながり、その結果、利益の向上に繋がるということ、さらに、「認知行動療法」によって、動物を管理する人間の考え方を変えることができると、仕事の満足度ややる気が増し、それが動物福祉の改善、ひいては畜産物の品質向上につながることをデータを示しながら説明くださいました。
そして、動物愛護法の中でも畜産動物が、愛護動物として入っているけれども、実効性の担保が必要であると指摘されました。さらに、上述の動物の福祉を守ることがさまざまな改善、環境保全等につながる「ワンウェルフェア」という発想が、今、世界では強くなってきていて、動物愛護法にもとづく「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針」において、この「ワンウェルフェア」を目指した畜産動物に関する普及啓発を推進するべきと結論づけられました。

★発表スライド(佐藤衆介氏)★

展示動物
日本の展示動物の現状と問題
動物ジャーナリスト/映画監督
佐藤 榮記

27年間テレビディレクターとして活躍され、世界中の動物を取材したり、動物ドキュメンタリー映画を製作されてきた佐藤榮記氏からは、日本の動物園における悲惨な飼育の実態についてお話しいただきました。
コンクリートの無機質な狭い飼育スペースで砂浴びや泥遊びもできず、群れで暮らす生き物なのに、たった1頭で69年の生涯を閉じた都立井の頭自然文化園のゾウのはな子。その動物の特性や行動がまったく行えない過度のストレスから起きる常同行動を示すゾウやトラ。羽を広げることもできない狭いケージの中で飼育されるオウム。樹上で暮らす生き物なのに、登れるものが何もない檻で飼育され、ストレスから狂ったような叫び声をあげるチンパンジー。涼しい地域に暮らす生き物なのに猛暑のなかに置かれ、多臓器不全で死亡したカナダヤマアラシ。個体識別のために毎年、顔に入れ墨をされるサル山のサルたち。彼らの様子を撮影した動画を用いて、日本の動物園における劣悪飼育問題を厳しく指摘されました。

★発表動画(You Tube)★

 

私たち3団体が求める改正

オピニオンリーダーからの講演のあと、私たち3団体からそれぞれの分野について求める改正について述べました。

実験動物について(NPO法人動物実験の廃止を求める会事務局長 和崎聖子)

以下の求める改正3点について、その理由を含めご説明しました。

  1. 動物実験施設、実験動物販売業を「第一種動物取扱業」の対象とし、施設の場所や取り扱う動物の種類・頭数といった基本的な情報を自治体に登録させる。
  2. 「3Rの原則」の遵守を強化し、すでに義務規定となっている「苦痛の軽減」に加え、「代替」と「数の削減」についても義務規定として、代替法がある場合はそれを利用する、できる限り使用動物数を削減するようにする。
  3.  代替法の開発と普及を国の責務とする。

いずれも動物実験の内容に踏み込む改正ではなく、その理由は、動物実験は多くの省庁が関わり、その法律や動物実験の分野も多岐にわたるため、動物実験の内容に踏み込んだ改正はそれぞれの関連法、たとえば、医薬品なら薬機法、化学物質なら化審法で行うべきと考えているからであると伝えました。(詳細は発表スライドをご覧ください)

★発表スライド(和崎聖子)★

★兵庫県動物愛護センターの資料「実験動物飼養施設の届出制度について」★

 

畜産動物について(認定NPO法人アニマルライツセンター代表理事 岡田千尋)

畜産業者の多くが、畜産動物が動物愛護法の対象となっていることを認識しておらず、殴る、蹴る、焼き殺す等、暴力的行為が一般的になっている現状を紹介しました。その上で、次の4点の求める改正についてご説明しました。(詳細は発表スライドをご覧ください)

  1.  畜産関係業者も第一種動物取扱業の対象とする。
  2.  動物愛護法の本文に産業動物に関する条項を設ける。
  3.  国際基準を守り、苦痛を与えない殺処分方法を規定する。
  4.  すでに畜産業との関わりのある“家畜保健衛生所”、“食肉衛生検査所”、“畜産に関わる地方行政部局”を連携機関に含める。

★発表スライド(岡田千尋)★

 

展示動物について(PEACE 命の搾取ではなく尊厳を代表 東さちこ)

さまざまな動物園やその他展示施設での劣悪な展示状況や輸送について紹介し、次の11の求める改正についてご説明しました。(詳細は発表スライドをご覧ください)

  1.  基本原則に「5つの自由」すべてを盛り込む。
  2.  適正飼養を努力義務から義務に強化する。
  3.  適正飼養できない者に譲渡や販売をしてはならないとする。
  4.  みだりな繁殖を制限することを義務とする。
  5.  輸送業も第一種動物取扱業の対象にする。
  6.  犬猫等販売業の規制を展示等に拡大する。
  7.  動物取扱業の対象動物を「脊椎動物」に拡大する。
  8.  要件を満たさない業者は登録取消しを義務とするなど機能する法律に変える。
  9.  特定動物の規制強化と個人の愛がん飼養を禁止する。
  10.  罰則を強化する。
  11.  虐待の定義を明確化する。

★発表スライド(東さちこ)★

★3団体の要望をまとめたチラシ★

3分野の専門家からのメッセージ

講演いただいた方たち以外からも、3分野の専門家から、私たちの改正を後押しするメッセージを頂戴し、参加者の皆様にご紹介しました。

<実験動物>
「実験動物に対する縦割り行政があり、加えて行政の傘下にない分野での動物実験も多々ある。ですから、動物愛護法や各省庁の通知する基準の周知徹底には、すべての動物実験や実験動物に関する施設を把握する必要がある。そのためには、自治体等行政機関に登録が必要である」(実験動物技術者である末田輝子氏より)

<畜産動物>
「1年間に人間のために命を奪われる産業動物の数(2017年)は約10億と膨大な数に及ぶ。こうした、たくさんの産業動物に対して実際に動物愛護法があまり機能していないことは由々しき問題。動物愛護法の対象であることを明確にするとともに、福祉向上に資する具体的内容を盛り込むべき」(消費者法の専門家である日本女子大学家政学部教授の細川幸一氏より)

<展示動物>
「日本の動物愛護法では、特に飼育下の野生動物の福祉的ニーズに対応する規制はない。日本の動物園・水族館の飼育は国内外からの批判にさらされ続けるだろう。飼育下の野生動物の福祉が優先されることを確実にするために、適切で確実な仕組みが作られることが不可欠」(動物園の動物たちの福祉改善のための取り組みを行うWild Welfareのジョージーナ・アレン氏より)

★メッセージ全文★

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
改正動物愛護法が成立するまで、引き続きご協力をよろしくお願します。

 


 

3月6日 動物愛護法改正 緊急院内集会を行います
「先進国にふさわしい動物愛護(福祉)法を目指す~すべての動物を守れる法律を~」

今国会で改正される予定の動物愛護法についての集会を、法改正にあたって協働するJAVA、認定NPO法人アニマルライツセンター、PEACE 命の搾取ではなく尊厳を の3団体合同で開催します。

■日時:
2018年3月6日(火曜日)
15時開場(15:45までロビーにて通行証を配布)
15時30分開始
17時30分終了

■場所:
衆議院第二議員会館 1階 多目的会議室
(東京都千代田区永田町2丁目1-2)
最寄り駅 永田町(有楽町線・半蔵門線・南北線)/国会議事堂前駅(丸ノ内線・千代田線)

■参加費:
無料

■参加方法:3月2日 締め切りました!
下記のフォームから、もしくはFAXでお申込みください。
https://goo.gl/forms/VzDWVtP4s7hgCH3T2

申込みFAX
(お名前、所属団体・組織名、メールアドレス、電話番号を必ず明記してください)
03-4540-4049

※Facebookの参加ボタンでは参加申し込みになりません
※満員になり次第参加を締め切ります

■スピーカー(敬称略):

  • これまでの議論の報告<家庭動物>
    公益財団法人動物環境・福祉協会Eva 理事長 杉本彩
  • 実験動物
    日本動物実験代替法学会会長・東京大学大学院工学系研究科教授 酒井康行
  • 産業動物
    帝京科学大学アニマルサイエンス学科教授 佐藤衆介
  • 展示動物
    動物ジャーナリスト・映画監督 佐藤榮記
  • 改正の方向性
    主催3団体

■主催:

  • NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)
  • PEACE 命の搾取ではなく尊厳を
  • 認定NPO法人アニマルライツセンター(ARC)

法改正の審議において、犬猫などの家庭動物については多くの議論がなされてきましたが、残念ながら、実験動物、産業動物、展示動物についての議論はほとんどなされていません。他の先進国と同様に、日本の法律も、すべての動物を守れる動物「福祉」法として実効性を持たせるために、各分野からオピニオンリーダーをお招きし、改正の必要性を訴えるために開催します。
衆議院議員会館で開催する院内集会ですので、国会議員の皆さんにご出席いただき、私たちの改正要望をアピールします。
ぜひご参加ください。一緒に国会に声を届けましょう!

ページ上部へ戻る

SAVE RABBITS!: ウサギを救え! 化粧品の動物実験反対キャンペーン

たくさんのウサギやモルモットたちが、化粧品のために犠牲となっています。

もっと見る

動物実験についての内部告発をお待ちしています

企業や学術機関など密室で行われている動物実験の実態をご存じでしたら、ぜひ情報をお寄せください。告発者の方の秘密は厳守いたします。ぜひ勇気をもってご連絡を!