JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

JAVA ホーム > 2018年動物愛護法改正に向けて > 地元の議員さんに意見を届けよう!

地元の議員さんに意見を届けよう!

関連記事はコチラ▶

愛護法アクション

動物に優しい動物愛護法にするために
地元の議員さんに意見を届けよう!

党や議員連盟で、具体的な法案を検討する時期に差し掛かった動物愛護法の改正。
皆さまの声は、10万筆以上集まった請願署名で国会に届けているところですが、引き続き、ご協力いただきたいことがあります。
それは、皆さんが選挙権を持つエリアの国会議員の皆さんに意見を届けること!

でも、「国会議員に意見を伝えるのは難しそう」「地元の議員が誰かわからない」という方もいらっしゃると思います。
そこで、協働して法改正のための活動をしているJAVA、認定NPO法人アニマルライツセンター、PEACE 命の搾取ではなく尊厳を の3団体は、このアクションのための資料を作りました。
次の3ステップでできるアクションです。

  1. ネットで検索して、自分の選挙区の議員と連絡先を調べる。
  2. JAVAたちが求める改正とその理由についての説明を読む。
  3. 議員へのお手紙(挨拶文・送付状)を書いて、資料の最後のページにある要望をまとめたチラシと一緒に議員に送る。(郵送でもメールでもOK)

下記の資料をご覧いただければ、1~3のアクションができるようになっています。
★動物愛護法・議員へのアクションマニュアル(PDFファイル)★

5月末ごろ、改正案が衆参両議院の環境委員会の審議にかけられるまで、声を届け続けることが重要です。
ぜひご協力ください!

ページ上部へ戻る