JAVA:NPO法人 動物実験の廃止を求める会(Japan Anti-Vivisection Association)

ENGLISH

入会

寄付

JAVAホーム > お知らせ > 毛皮に反対する

お知らせ

毛皮に反対する

GOOD NEWS!日本の3ブランドがノーファー宣言

2019年2月、バッグのブランド3つが、新たに「毛皮を扱わないブランドリスト」に仲間入りしました!

NEW1 tov(トーヴ)
tovとは遠く中東の言葉で、良い、美しい、の意味を持ち、肯定的な表現に使われます。 2016年ブランドリリースのtovは、女性的でありながらどこか中性的であり自分らしいスタイルを創り出すのに必要な、凛としたイメージをバッグで表現します。

NEW2 ADD CULUMN(アドカラム)
ADD CULUMNは「列を追加する」という意味。 アニマルフリー、ファーフリーの素材を使用したバッグを中心としたファッション小物ブランド。 ベーシックとは普遍的なもの。私たちの提供するエコ、ハイクオリティー、ベーシックをあなたのライフスタイルに。

NEW3 Ele`Sac(エルサック)
装いに喜びを与えてくれる色、温もりを感じられる素材、季節を楽しませてくれるデザイン。 インド洋に浮かぶマダガスカルの伝統的なモノづくりを取り入れたエルサックは、女性の美しい時間に彩りを発信します。

他にもたくさんのブランドがあります!→<毛皮を扱わないブランドリスト>

バーバリーが毛皮廃止を決定!

英国の高級ブランド「バーバリー(BURBERRY)」は長年、ウサギ・キツネ・ミンク・アジア産アライグマの毛皮を使用してきました。
2018年9月6日、今後、毛皮の使用をやめると発表。最新のコレクションには毛皮を使用していないとのこと。既存の毛皮製品は段階的になくしていくとしています。
また、アンゴラウールも廃止する、と発表しました。

ロサンゼルス市が毛皮製品の製造・販売禁止へ!

2018年9月18日、ロサンゼルス市議会において、毛皮(リアルファー)製品の製造および販売を禁止する条例案が全会一致で可決しました!
この条例案には、毛皮を使った衣料品やバッグ、靴、帽子などのアクセサリーの製造と販売禁止が盛り込まれています。
条例は、今後、議会の最終承認と市長の署名を経て、2020年1月発効予定です。
カリフォルニア州では、すでにウェストハリウッド市、バークレー市、サンフランシスコ市が毛皮製品の販売を禁止していて、ロサンゼルスは毛皮製品の販売を禁止する米国最大の都市になります。
今回のロサンゼルス市の決定は世界の各都市へ良い影響を与えることでしょう!

※9月25日現在の状況

毛皮の表示を求めていこう!

2018年8月2日

動物を殺す毛皮をなくしていくために、私たちはどうすればいいのかしら?
何かできるのかな?

 毛皮を買わないこと!

それはわかるけど、他にはないかしら…

ファーって実は、素材の表示義務がないんです。だから、このモフモフはリアル動物毛なのに、フェイクなのかもわからない。毛皮を買いたくないのに判断ができないと困りますよね。
それならば

 毛皮はハッキリ表示して!
と求めていきましょう。

詳しくは新しくアップした<毛皮をなくすために、あなたにできること>ページをご覧ください。

 

 

歴史的ニュース!ベルギー、毛皮農場に終止符

7月21日、ベルギーのフランダース政府は毛皮農場を終わらせる法案を採択しました。
ベルギーは、ブリュッセル、ワロン、フランダースの3地域による連邦制をとっていて、ブリュッセルとワロンではすでに毛皮農場が禁止されています。
今回のBen Weytsフランダース政府動物福祉大臣によるこの歴史的決定は、ベルギー全体での毛皮農場の終結を意味します。
フランダース地域にある17のミンク農場は、2023年11月中に閉鎖する必要があります。
ミンク農家はより持続可能な産業に移行するための財政的な補償を受けることになり、農場の操業を早く終わらせるほど、高額の補償がされます。

Ben Weyts大臣は声明で以下のように述べています。
「すでに毛皮農場が禁止されたワロンとブリュッセルには毛皮農場はありません。フランダース地域には、まだ17の毛皮農場があり、32万5千頭の動物が認可され、毎年20万頭の動物たちが殺されています。」

ベルギーの動物保護団体GAIAの理事であるMichel Vandenbosch氏は、「毛皮のために動物を繁殖させ殺すことは、もはや今の時代にあったものではありません。これはフランダース市民の大多数が支持している事実なのです。」と述べています。
GAIAはJAVAと同じく、毛皮に反対する国際連盟Fur Free Alliance (FFA)の一員であり、ベルギー全体の毛皮農場禁止のために20年以上にわたり活動してきました。

世論調査では、ベルギー国民が毛皮農場を受け入れていないことがはっきりと示されました。2015年に実施された最新の調査によると、フランダース市民の85%が毛皮農場の禁止を支持しています。

この新しい法律は、動物への著しく残虐な行為を禁止することを目的としており、フォアグラの製造技術である強制給餌を禁止することも含まれています。

JAVAはFFAのメンバー協力活動として、2016年6月、駐日ベルギー王国特命全権大使 ギュンテル・スレーワーゲン閣下に対して、速やかにフランダース政府が毛皮農場を禁止することを求める文書を送っており、今回の結果を大変喜ばしく思っています。

中国の有名ファッションデザイナーがファーフリー宣言

FFAの一員であるACTAsiaが、2018年6月、「Fur-Free Fashion Forum and Gala」というイベントを上海で開催。この場で3人の中国のトップファッションデザイナーが、今後毛皮を使用しないことを発表しました。
その3人のデザイナー、Grace Chen(グレイス・チェン)、Mary Ma(マリー・マー)、 Michael Wong(マイケル・ウォン)は、すでにFFAが実施している「FUR FREEブランドプログラム」の宣誓書にサインしており、先にファーフリー宣言をした中国の約40のファッションブランドやデザイナーの仲間入りをしました。
グレイス・チェン氏のブランドは習近平国家主席夫人をはじめとしたセレブたちが愛用しています。マイケル・ウォン氏は映画スターであり、ファッションレーベルのオーナーでもあります。
国際的な動物保護団体であるACTAsiaは、10年以上にわたり、中国において、思いやりのある消費を広める活動をしてきました。グローバルな毛皮取引の拠点として、毛皮製品の大きな市場を持ち、大量の毛皮を生産してきた中国のこの新しい方向性は、世界中のファッションがいかに毛皮から遠ざかってきているかを示しているといえます。


ルクセンブルク 、毛皮農場を禁止!

2018年6月、ルクセンブルク大公国で新しい動物福祉法が成立しました。
この法律は同年10月に施行され、毛皮農場の禁止が含まれています。ルクセンブルクには現在、毛皮農場は存在しませんが、これにより新しい毛皮農場の建設を防ぐことができます。政府議会は「動物はもはやモノではなく、感受性と確かな権利を有する、有能な生き物としてみなされている。」と主張しています。
ルクセンブルクは、毛皮農場を禁止した欧州で10番目の国となりました。

<米国>恐ろしい構造のワナがオオカミの命を奪う

<米国>恐ろしい構造のワナがオオカミの命を奪う

締め付けるワナは野蛮な装置である
©Kelly Looby

2018年2月、ミネソタ州で一頭のオオカミが残酷なワナに掛かったのち射殺された。オオカミは、このようなワナで捕獲することが法律上許された対象ではないが、ミネソタ州ではコヨーテを殺すため一年中その使用が認められている。このオオカミは、餌を探すうちにワイヤーが鼻口部にかたく巻きついてしまったのである。最初にダルースの北にある州立公園で目撃された時、オオカミの口は留め金で固定され、針金が肉に食い込んでいた。その後ダルース市内で見つかった時には、苦痛にあえいでおり、当初、市の職員らは救助するつもりだったが、捕獲するのは無理と分かり、射殺を決めた。

この地区で野生動物の支援活動をしている団体ワイルドウッズ(Wildwoods)は「このオオカミは飢えて、骨と皮になっていた」と報告している。ワイルドウッズは、このようなワナの禁止を改めて求めようと、今回の悲劇的な出来事を大きく取り上げている。

“Snare Claims Wolf in Gruesome Fashion”
AWI Quarterly SUMMER 2018/VOLUME 67/NUMBER

 

MICHAEL KORSとJimmy Chooも「毛皮を使わない」ブランドに!

2017年12月26日

マイケルコースファーフリー

12月15日、世界的な高級ファッション企業
マイケル・コース ホールディングス(Michael Kors Holdings Limited)は、
動物の毛皮の使用をやめ、
毛皮を使用した製品は2018年12月末までになくすと発表しました!

この発表により、同社のブランドMICHAEL KORS(マイケル・コース)Jimmy Choo(ジミーチュウ)は、JAVAもメンバーとなっている毛皮に反対する国際連盟Fur Free Alliance(FFA)が各国で展開している「FUR FREEブランドプログラム(Fur Free Retailer Program)」に加わったのです。

CEOのジョン・D・アイドル(John D. Idol)は、次のように述べています。
「私は、MICHAEL KORSとJimmy Chooのコレクションにおいて、動物の毛皮の使わないという我が社の約束を発表できることを嬉しく思います。この決定は、革新的な素材の使用を発展させ続けていくという我が社の新たな幕開けとなります。」

また、デザイナーのマイケル・コースは、「製造技術の進歩によって、今、私たちは動物の毛皮を使うことなく豪華で美しいものを作り出すことが可能になりました。来る2月のショーのランウェイでそれらの新しい技術をお披露目できるでしょう。」と語っています。

これによってMichael Korsは、Gucci、アルマーニ、HUGO BOSSなどの毛皮を使わない高級ブランドの仲間入りをしました。

Gucci(グッチ)が「毛皮を使わない」ブランドに!

2017年10月11日、世界的に有名なファッションブランドGucciが
2018年春夏コレクションから
毛皮(リアルファー)を使用しないことを発表しました!

JAVAもメンバーとなっている毛皮に反対する国際連盟Fur Free Alliance(FFA)が各国で展開している「FUR FREEブランドプログラム(Fur Free Retailer Program)」にGucciが賛同したのです。
これによって、Gucciは、アルマーニ、HUGO BOSS、H&M、ZARAなど750以上ある「FUR FREEブランド」の一員となります。
この素晴らしい決定は、FFAのメンバー団体である米国のHSUSとイタリアのLAVが長年にわたりGUCCIに働きかけてきた成果です。

GucciのCEOであるマルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)氏は、次のように述べています。
「社会的責任はGucciの核となる価値感の一つです。私たちは引き続き環境と動物のために努力していきます。HSUSとLAVの助けを借りて、Gucciは今回、次の一歩を踏み出すことに興奮しています。そして、この一歩がイノベーションを促し、意識を高め、高級ファッション業界をより良く変える一助となることに期待しています。」

今回のGucciの毛皮使用廃止の決定は、世界中のファッションブランドに良い影響を与えることは間違いありません。

日本で購入できるFUR FREEブランド→コチラのページで紹介

FFAのウェブサイト

「FUR FREE ブランド」800に!

2017年9月21日

「FUR FREEブランド」が800ブランドに達する!

毛皮に反対する国際連盟Fur Free Alliance(FFA)が各国で展開している「FUR FREEブランドプログラム」。
このプログラムでは、毛皮を扱わないことを宣誓したアパレルブランドを「FUR FREEブランド」として承認しています。
これまで、グッチHUGO BOSSアルマーニH&MZARAなどの有名ブランドをはじめ、世界で多くのブランドやショップが承認を受けてきましたが、その数がなんと800に達しました!


JAVAは、日本窓口としてこのプログラムを実施していて、日本のブランドも承認を受けています。
より多くのブランド、ショップにこのプログラムへ関心を持っていただけるよう、この度、「承認マーク」がスタイリッシュなデザインに変更されました。

 

 

また、FFAのウェブサイトがリニューアル
JAVAのウェブサイトもリニューアル&FUR FREEブランドを追加しましたので、ぜひご覧ください。

毛皮を扱わないファッションが増えました

2017年8月1日

海外の8つの小売店が、新たにファーフリー宣言

 

追加掲載しました!(2017年8月1日)
全リストは<FUR FREE ブランドプログラム>のページをご覧ください

NEW! 1
CODELLO(コデッロ)
スカーフ、帽子、バッグといったファッションアクセサリーのドイツの老舗ブランド。日本ではセレクトショップのほか、ZOZOTOWNやYOOXなどのファッション通販サイトから購入できます。

NEW! 2
La Redoute(ラルドゥート)
フランスに本社があるヨーロッパ最大級の通販サイト。サイトは英語表記ですが、日本からも購入できます。出品している個々のブランドがファーフリー宣言をしたわけではありませんが、この通販サイトでは、毛皮を使った商品は扱っていません。また、La Redouteは自社ブランドも複数持っていて、これらブランドはすべてファーフリーです。
https://www.laredoute-corporate.com/en/company/our-brands
日本のネットショップで、La Redouteブランドを扱っているところが結構あります。

NEW!3
MR POTER(ミスターポルテ)
Yoox Net-a-Porter Groupが運営するメンズファッション通販サイト。出品している個々のブランドがファーフリー宣言をしたわけではありませんが、この通販サイトでは、毛皮を使った商品は扱っていません。サイトは英語表記ですが、日本からも購入できます。

NEW! 4
Net-a-Porter(ネッタポルテ)
Yoox Net-a-Porter Groupが運営するファッション通販サイト。出品している個々のブランドがファーフリー宣言をしたわけではありませんが、この通販サイトでは、毛皮を使った商品は扱っていません。日本語サイトでお買い物ができます。高級ブランド通販サイト。

NEW! 5
SAVE THE DUCK(セイブザダック)
イタリアのブランド。SAVE THE DUCKのジャケットは、一見、ダウンジャケットに見えますが、ダウンやフェザーを使用していません。100%動物性素材を使用しないブランドです。メンズ、レディース、キッズ用があります。日本には店舗はありませんが、セレクトショップの通販などでご購入いただけます。

NEW! 6
THE OUTNET(ジ アウトネット)
Yoox Net-a-Porter Groupが運営するファッション通販サイト。出品している個々のブランドがファーフリー宣言をしたわけではありませんが、この通販サイトでは、毛皮を使った商品は扱っていません。サイトは英語表記ですが、日本からも購入できます。

NEW! 7
Yoox(ユークス)
Yoox Net-a-Porter Groupが運営するファッション通販サイト。出品している個々のブランドがファーフリー宣言をしたわけではありませんが、この通販サイトでは、毛皮を使った商品は扱っていません。日本語サイトでお買い物ができます。

NEW! 8
Yoox Net-a-Porter Group(ユークス・ネッタポルテ グループ)
イタリアに本社がある世界180カ国以上で展開する高級ブランド通販サイト。YOOX(ユークス)をはじめ、このグループが運営するすべての通販サイトが毛皮を使った商品を扱いません。

<クロアチア>2017年1月1日、毛皮用チンチラ農場禁止に

決定から10年
クロアチアの毛皮用チンチラ農場禁止法がようやく施行へ

クロアチア・チンチラ農場

JAVAも加盟している毛皮に反対する国際連盟FFA(Fur Free Alliance)のクロアチアのメンバー団体、アニマル・フレンズ・クロアチアから、2017年を迎えてすぐ、グッドニュースが届きました。

クロアチアでは、2006年に毛皮用のチンチラ農場の禁止が法律で決まりましたが、10年間の長期にわたる移行期間の末やっと、この2017年1月1日からその法律が施行されたのです!

FFA(Fur Free Alliance)の関連ページ(英語)

アニマル・フレンズ・クロアチアの関連ページ(英語)

<ノルウェー>捕鯨を止めない裏には…

ノルウェーが捕鯨を止めない裏には…

ノルウェーは、IWC(国際捕鯨員会)が商業捕鯨を禁止した後も独自で捕獲数を880頭と設定し捕鯨を続けており、2006年からすでに5,500頭のミンククジラを捕殺している。ノルウェーの鯨肉輸出量は上昇傾向にあり、その輸出先というのが同じく捕鯨を行っている日本、フェロー諸島、アイスランドである。これらの国はCITES(ワシントン条約:絶滅の恐れのある野生動物の種の国際取引に関する条約)の規制の網を巧みにくぐり抜け鯨の国際取引を続けている。
ノルウェー人が鯨肉を好まないにもかかわらず、捕殺された鯨がすべて輸出されない。それはなぜか。米国の動物福祉団体AWIと環境NGOであるthe Environmental Investigation Agencyによれば、75頭以上の鯨がノルウェーの毛皮農場へ売られているからである。飼料農場(Rogaland Pelsdyrforlag) から入手した資料には、2014年に113.7トンの鯨肉が毛皮農場で餌に使用されたという記録があった。このことがメディアに流れると、飼料農場は2015年も鯨肉を飼料にしたことを認めた。

ノルウェーの子ギツネ

©NETWORK FOR ANIMAL FREEDOM
餌として鯨肉を与えられている毛皮農場の子ギツネ

AWI Quarterly (Animal Welfare Institute) 2016 summer: AWI Responds to Norway’s Whaling Defiance

高級ブランドARMANI(アルマーニ)、毛皮使用をやめる!

2016年3月22日、高級ブランドとして名高いアルマーニが、本物の毛皮の使用をやめると発表しました。
この素晴らしい決定は、JAVAもメンバー団体となっている毛皮に反対する国際連盟FFA(Fur Free Alliance/事務局:オランダ・アムステルダム)が、アルマーニに働きかけてきた成果です。
アルマーニは、2016年秋冬コレクションから、ラビットファーを含むすべての毛皮の使用をやめます。

ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)は、次のように述べています。
「私は、アルマーニグループが、コレクションにおいて毛皮使用の廃止を確約したと発表できることを嬉しく思います。長年にわたる技術の進歩は、私たち人間が動物に対して行ってきた不必要かつ残虐な行為を、適切な別の方法に替えることを可能にさせました。以前より積極的な取り組みを続けてきましたが、環境や動物を守るという大きな課題への我が社の意向を反映し、今、大きな一歩を踏み出します。」

FFA代表であるヨー・ヴィンディング(Joh Vinding)は、「アルマーニの毛皮使用をやめるという発表は、デザイナーや消費者が動物虐待にまったく手を貸すことなく、自由な創造と贅沢をもたらすことを明確にしました。アルマーニ氏は、何十年もの間、ファッション界における流行の仕掛け人であり、この最新の発表は、思いやりと改革は、ファッションの未来であることを証明しています。」と述べています。

昨年のHUGO BOSSにつづき、この世界的なブランドの毛皮使用廃止の決定は、世界中のファッションブランドに良い影響を与えることは間違いありません。

このニュースを拡散してください!

このニュースはJAVAのフェイスブック、ツイッターに投稿済みです。
また、FFAのウェブサイト、フェイスブック、ツイッターにも英語の記事が出ています。
ぜひ、これらの記事にシェアや「いいね!」、リツイートをお願いします。

●JAVA●
フェイスブック https://www.facebook.com/JapanAntiVivisectionAssociation
ツイッター https://twitter.com/JAVA_ANIMAL
●FFA● (英語)
webサイト http://www.furfreealliance.com/
フェイスブック https://www.facebook.com/furfreeretailer
ツイッター https://twitter.com/FurFreeAlliance ハッシュタグ ‪#‎furfreearmani‬‬

バナーを広めてください!

このニュースを広めるための、下記のFFA共通バナーの日本バージョンも広めてください。皆さんのフェイスブックやツイッターなどにご自由にお使いください。

アルマーニバナー

 

アルマーニバナー横長

●twitter用バナー●

LUXURY BRAND ARMANI GOES FUR FREE

22 MARCH 2016 – The Fur Free Alliance praises renowned luxury brand Armani for today’s announcement to drop all real animal fur. With its decision the Italian high-end label responds to a growing consumer demand for ethical and sustainable fashion.

Armani will leave out all real fur, including rabbit fur, from its collection starting from the fall/winter season 2016. The brand committed to this policy after working with the Fur Free Alliance, an international coalition of over 40 animal protection organisations focused on ending the fur trade.

Giorgio Armani:I am pleased to announce that the Armani Group has made a firm commitment to abolish the use of animal fur in its collections. Technological progress made over the years allows us to have valid alternatives at our disposition that render the use of cruel practices unnecessary as regards animals. Pursuing the positive process undertaken long ago, my company is now taking a major step ahead, reflecting our attention to the critical issues of protecting and caring for the environment and animals.”

Most fur used in the fashion industry comes from fur farms, where wild animals are kept in small cages and killed by cruel methods that preserve the pelts – such as gassing and anal electrocution. On top of that, fur production has high environmental costs and health risks due to its chemical-heavy production process.

By committing to a fur-free policy Armani joins other high-end brands – such as Hugo Boss, Tommy Hilfiger, Calvin Klein and Stella McCartney – and acknowledges the ethical concerns of a new generation of fashion consumers.

Joh Vinding, Chairman of the Fur Free Alliance: “Armani’s fur-free announcement makes it clear that designers and consumers can have creative freedom and luxury all without supporting animal cruelty. Mr. Armani has been a trendsetter in the fashion world for decades and this latest announcement is proof that compassion and innovation are the future of fashion.”

Society’s changed ethical perception of animals and the publicʼs long-standing opposition to the fur industry have led various countries, including the UK, the Netherlands, Austria and Croatia, to ban fur farming. Around the world – as debates on fur farming bans are becoming more and more widespread – governments that value animal welfare are increasingly recognizing the fact that fur holds no future.

Armani’s compassionate decision will save thousands of animals from needless suffering and is celebrated by the Fur Free Alliance and millions of its supporters worldwide. 

1 / 212

ページ上部へ戻る